FC2ブログ

Bring Me The Horizonの「amo」を10年前のデスコア好きに聴かせてみたい 

Bring Me The Horizonといえば、泣く子も黙るデスコア代表。
血を見ることにしか快楽を得られない凶暴さで00年代のラウド系を語るには不可欠な存在。
過去記事→メタルコア・デスコア好きなら知ってて当然なBring Me The Horizon


そんなデスコア番長Bring Me The Horizonですが、アルバムを出す毎に大人しくなっていく兆候が見られていたんですよね。
デスコアからスクリーモへと徐々に徐々に。
だからと言ってその変化が嫌だということでもなく、気にすることもなかったんですが、2019年にリリースされた6thアルバム「amo」でさすがに突っ込まざるを得なくなった。


完全にオルタナティブ・ロックじゃないか。


いや、それも「Drown」が公開された辺りから兆候があったんだけど、ここまで偏るかと。
シャウトもデスボイスも取り除き、優しく歌うBring Me The Horizonなんて誰が想像したものか。
ただボーカルを務めるOliver Sykes(オリヴァー・サイクス)のタトゥーだけはガチ。
頭部にまで墨入ってる。


10年前にタイムスリップして暴れん坊デスコア好きに「これ、2019年に発売されたBring Me The Horizonのニューアルバムなんだけど」って聴かせたらどんな反応するのだろうか。
あまりの変貌ぶりに信じてもらえないのでは。



The Comedown





mother tongue




お分かりいただけただろうか。
同一バンドである。
かなり極端に比較曲をチョイスしたので卑怯な感じもあるが、10年でここまで変化するバンドも珍しい。
「mother tongue」は「母国語」という意味で、オリヴァー・サイクスが離婚した奥さんと、再婚した現在の奥さんへ歌った曲。
曲中に"fala amo"という歌詞が出てくるが、これは今の奥さんの母国語であるポルトガル語で「愛してる」の意。
アルバムタイトルの「amo」もここから引用されている。
そう、この曲は正真正銘ラブソングであり、アルバムタイトルも愛を冠している。
Bring Me The Horizonが愛を歌うだなんて誰が予想した。
歌ったとしても声とも言えないデスボイスとシャウトで何言ってるか分からないのがオチだろと。


ここまで違和感なく話を進めてきたが、オルタナティブ・ロックとしてのクオリティ高くないですか?
デスコアバンドとしての土台がいい塩梅になり、Bring Me The Horizonらしいロックに仕上がっている。
バンドサウンドだけではなく、流行りのダンスミュージックの要素も取り入れる貪欲さも。





すっかりデスコアが体内から抜け切りオルタナティブ・ロックバンドとして生まれ変わったBring Me The Horizon。
ライブで観客に歌わせようとばかりして、肝心の自分はほとんど歌わないオリヴァー・サイクスの姿は健在だが、パフォーマンスの格好良さも相変わらず。
アルバムの聴き易さとしては邦ロック好きにもおすすめできる1枚。
この10年間での変化をあなたも感じてみてはいかがでしょうか。



【輸入盤】アモ [ BRING ME THE HORIZON ]

価格:1,859円
(2019/4/22 00:57時点)
感想(0件)




【輸入盤】ザッツ・ザ・スピリット [ Bring Me The Horizon ]

価格:1,944円
(2019/4/22 00:59時点)
感想(0件)


( 2019/04/22 01:02 ) Category 洋楽 | TB(0) | CM(0)

King Gnuの「白日」がMV公開されたけど、ミュージックステーションに出演していたバンドと本当に同じか? 

King Gnuの過去記事
・新曲を再生した瞬間から最高だったKing Gnu / おすすめ曲紹介
・King Gnuが「Prayer X」のMVを公開、だが理解が出来なくて困っている。
・King Gnuのニューアルバム「Sympa」への期待が大き過ぎる
・King Gnuの「Sympa」 は2019年を代表するアルバムになることは間違いない

ここ数年、とてつもない勢いで旋風を起こしているKing Gnu。
独壇場と言ってもいいほど売れに売れて、話題になってる。
ホストに貢いでNo.1にさせようとする女性はこんな感覚なのかな、知らんけど。

何と言っても、新曲をリリースする間隔が短いのも強みの一つ。
ニューアルバムの「Sympa」をリリースして沸き立っている最中に、間髪入れず新曲を配信するとか生き急ぎすぎじゃないですかね?
日本テレビ系ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の主題歌として書き下ろされた「白日」が配信限定リリースされ、MVが公開された。
Apple Musicの配信遅延は本当に悲しい事件だったね…



白日



本当に期待を裏切らない、ハードルを軽々と超えてくるんだから、もう…
ボーカル/キーボードである井口理の透き通る歌声の映える楽曲。
良い声だよね、ロックな曲よりもバラードな雰囲気で本領を発揮する声。
かと言って、ギター/ボーカルである常田大希のガレージ調な声も曲に合ってる不思議。
この2人の声が上手く絡んでKing Gnuのオリジナリティが際立ってるんですよね。

声だけに注目してるけど、ベースとドラムのリズム隊もハイレベルで要注目。
個人的にはA・Bメロのグルーブ感が本当に最高で、拙い言葉で表すと大人!というような印象。
何言ってるか分からないですよね。
分かってもらえなくても良いんです、感じてもらえれば。




そんな全日本バンド選手権大会の先頭集団を走るKing Gnu、ついにミュージックステーションへ出演するとの情報が。
早くないですか?
もうタ○リさんと絡むことになるとか、絶対井口理が何かやらかすだろ。
なんて期待に胸を膨らませてたんですけど、根本的にまず僕の家にはテレビがないんですよね。
グッバイ地上波、見たくても見られない。
しかしこのインターネット社会である現代、SNSで検索すればすぐに情報が見つかる現代。




出オチ。
子供に見せてはいけない顔と動き、一歩間違えれば尿検査を強いられるテンション。
恐らくミュージックステーション史上1番の狂気を振りまいての階段降り。
やってくれたな、King Gnu。

白日

本当に同一人物か?
もしかして僕が知っているKing Gnuとは違うKing Gnuがミュージックステーションに出演したのか?
完全に想像だけど、階段降りる直前に常田大希が「いっとけ!ふざけて降りていけ!」的なそそのかしがありそうだよね。
それに乗っちゃう井口理。




えー、結論としては「白日」に映っているKing Gnuとミュージックステーションに出演していたKing Gnuは同一とみなします。
信じられないとは思いますが、これが現実です。
だって出演前日の投稿でさ、




リハーサルがこんな感じなんだもの。
いやさ、めちゃめちゃ笑うよねこんなの。
トイレ探す表情がマジだもん。
あのミュージックステーションに出るっていうのにこの緊張感の無さ。
こういう肝の座り方もKing Gnuの強みなのかもしれないですね。
( 2019/03/01 00:15 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)

名古屋のメロコアバンド「ENTH」が遂にサブスクリプション配信開始! 

待ちわびたぜ!

名古屋発のメロディック・ハードコアバンド「ENTH」が各社サブスクリプションサービスにて配信を開始しました。
3/6にリリースされるミニアルバム「SLEEPWALK」から先行配信で2曲と、過去の人気曲を詰め合わせたプチベストと呼べるイカした内容。
最近のENTH、グイグイ来てるよね。
ボーカル/ベースのだいぽんと04 Limited SazabysのGENが女装して名古屋の街を徘徊していたのが嘘のよう。




↓各社配信サービスはこちらより
https://ldk.lnk.to/mMPJg

Apple Musicのプレイリストのようなタイトルの付けられ方。
とは言え、今のENTHを知ってもらうには十分すぎる内容である。



Get Started Together


初期の頃はスピード感のある「THE メロコアバンド」と呼ぶにふさわしい楽曲が目白押し。
名古屋メロコアの中でも頭一つ抜き出た格好良さと、SNSでのしょうもないネタが印象深かった。
打ち上げと旅行ではだいたいだいぽんが脱ぐ流れ。
歌詞は基本的に英語となっていたが、徐々に日本語の歌詞へと変わっていった。
周りのメロコアバンド、だいたい同じくらいの時期に英語から日本語に変わっていく現象起きたよね。
そんな英詞の曲に、一文だけ日本語を混ぜてくるENTHがすごく好きだった。
「START LINE」って曲の「凡人の願うところを自分は蔑もう」(たぶんそう言ってる)って言葉、めちゃくちゃ刺さったもの。



HANGOVER


この辺りから、おバカと変態路線が大盛りで追加。
MV探したけど見つからなくて残念なくらいおバカな作品。
こういう要素が加わって、ただのメロコアバンドじゃなくて「ENTH」という特別感が生まれたかなと思う。
斜に構えたMVだけ見せられても、そういうのはもうお腹いっぱいなんですよ。
そういうところに上手くハマったんじゃないかなと。
「HANGOVER=二日酔い」というテーマをちょっと面白く歌いつつも、演奏は抜群に格好良いギャップ。
ENTHがENTH足らしめるところはここであろうと。




という訳で、待ちに待ったサブスクリプション配信が開始され、今後も過去作が追加されていくことに期待せざるをえない。
いやね、前身というか改名前の頃から応援してたバンドなんでこうやって有名になっていくことが嬉しくて嬉しくて…
いつの間にかWikipediaまで出来てるし。
個人的にはTHE NINTH APOLLOがリリースしたコンピレーションアルバム「In the Stage2」に収録されてる「For our locked hearts」が1番好き。
結成時のオリジナルメンバーで録った曲で、荒削りだけど勢いがビリビリと感じられるんすよ。
というかこの曲が反則で、「うぉーうぉー↑うぉー↓」のノリが最高で盛り上がらないわけがない、ずるい。

そんなこんなで、この配信で「ENTH」というバンドを知ってもらって、聴いてもらって、ファンになる良い機会だと思うので、是非一度聴いてみてもらえればと思います。

だいぽん起きろ [ ENTH ]

価格:1,080円
(2019/2/28 22:26時点)
感想(0件)




HENT [ ENTH ]

価格:2,300円
(2019/2/28 22:26時点)
感想(0件)


( 2019/02/28 22:27 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)