FC2ブログ

King Gnuのニューアルバム「Sympa」への期待が大き過ぎる 

正直、King Gnuにはこれからのバンド界隈を引っ張っていく存在になると思っている。
2017年にリリースされた1stアルバムからの躍進が凄まじく早い上に、出す作品はどれもオリジナリティに溢れ他の追随を許さない。
このブログでも常々話題に出していますが、一押し過ぎる。
過去記事→新曲を再生した瞬間から最高だったKing Gnu / おすすめ曲紹介
    →King Gnuが「Prayer X」のMVを公開、だが理解が出来なくて困っている。

本当あっという間にメジャーデビュー決まったよね、おめでたい。
駅で大声出して謝罪する動画(#本日の井口)めっちゃ面白かった。
そんなKing Gnuが2019年にリリースするアルバム「Sympa」のティザームービーが公開されて期待は膨らむばかり。



既にリリースされている「Flash!!!」、「Prayer X」にYouTubeで公開されている「It’s a small world 」、そして先行リリースされた「Slumberland」を含む全13曲。
この4曲だけでも飛び抜けた音楽センスなんですよね。




Flash!!!







Prayer X






It's a small world





Slumberland





『Sympa』
1. Sympa Ⅰ
2. Slumberland
3. Flash!!!
4. Sorrows
5. Sympa Ⅱ
6. Hitman
7. Don’t Stop the Clocks
8. It’s a small world
9. Sympa Ⅲ
10. Prayer X
11. Bedtown
12. The hole
13. Sympa Ⅳ

ティザームービーを見て判明したのが「SympaⅠ〜Ⅳ」が曲間に挟まれるインストということ。
宇宙飛行をイメージしたこの曲たちもセンスしか感じられない。
奇才・常田大希の作り出す世界観は他のどのジャンルにも当てはめ難い独特な楽曲であり、常田曰く「嫌われない声」の持ち主である井口理の感情を揺さぶるボーカルがKing Gnuの持ち味だと思っている。
あとはふざけさせたらかなり面白いということ。
これはTwitterで日々追いかけてもらえればと。







井口理のツイート通り、たった4分しかないティザームービーで想像を掻き立て期待を膨らませてしまった。
最近太ったよね?どうした?
まだ発売もされていないけど、このアルバムは傑作になる予感しかしていない。
それまではティザームービーを繰り返し聴いて、発売されるその日を待ちたいと思う。

( 2018/12/28 01:42 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)

MIYAVIとhideがコラボレーションする日が来るだなんて / 「Pink Spider (Remix) / MIYAVI vs hide」MV公開 

MIYAVIの対戦型コラボレーションアルバム「SAMURAI SESSIONS vol.3 – Worlds Collide -」がついにリリースされましたね。
誰とコラボするのか、どんなセッションが生まれるのか、そんなワクワクさせるアルバムもついに第3弾。
今作は国内アーティストだけに止まらず、海外のアーティストとの共作が軸に置かれていますね。
これもギター1つで世界を股に掛けるMIYAVIだからこそ出来ることだと。




そんな中で、気になる曲目が1つ。
「Pink Spider (Remix) / MIYAVI vs hide」

世界を股に掛けるとは言いましたが、いやいや天界もですか。
hideは言わずもがな、X JAPANのギタリストとしてデビューし、そのカリスマ性の高さからソロでの活動も非常に人気があったレジェンド。
残念ながら1998年に急逝、20年経った現在でもファンは多く、影響を受けたアーティストは数知れず。


まさかMIYAVIとhideのコラボレーションが実現するだなんて夢にも思っていなかった。
でもまぁ現代技術の進歩が成せる技ですよね。
PS2で発売された「鬼武者2」も故人である松田優作が主人公を務めていましたし。
声はそっくりさんを使ったという噂ですが。
声に違和感はなかったけど、演技が棒読みなのが違和感ありまくりでしたが。


そんな夢のコラボレーションを果たしたMVが公開されました。
1998年にリリースされたPink SpiderのMVにホログラムや視覚効果を用いて現代らしさを表現した、未来に繋がるMVとなっています。




コラボレーションという言葉を散々使ってきたが、実質はMIYAVIによるPink SpiderのRemixとなっている。
とはいえ、ギターを弾いているのはMIYAVI自身であり、MIYAVIらしいフレーズが満載。
元祖であるスラップ奏法は曲のイメージと合わなかったのか一切出てこないが、チョーキングとピッキングハーモニクスが効きに効きまくっている。
この点は、hideだったらこうするんじゃないか、というリスペクトがあるかもしれない。
原曲の雰囲気を壊さず、MIYAVIの味を上手く付けた曲となっている。




海外アーティストとヒップホップ色が強いSAMURAI SESSIONS vol.3から、嬉しいコラボレーションとなった今曲。
2人の並んだ姿を見ることが出来ないのが残念ではあるが、楽曲としてこのような形で共演する日が来ようとは。
ソロ活動初期の雅はちょっとヤバい奴という雰囲気を持っていたが、現代において日本を代表するギタリストでありアーティストであろう。
Pink Spiderだけではなく、SAMURAI SESSIONS vol.3には日本離れした楽曲が多々収録されているので、必聴アルバムである。
個人的にだが、Pink Spiderの次曲であるシシド・カフカの曲がめっちゃ好き。
というかシシド・カフカの声がめっちゃ良いっす。
それだけでも聴く価値ありですよ。(個人的に)


SAMURAI SESSIONS vol.3 - Worlds Collide - [ MIYAVI ]

価格:3,240円
(2018/12/16 01:17時点)
感想(0件)




SAMURAI SESSIONS vol.3 - Worlds Collide - (初回限定盤 CD+DVD) [ MIYAVI ]

価格:4,428円
(2018/12/16 01:18時点)
感想(1件)


( 2018/12/16 01:21 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)

[ALEXANDROS]に全然詳しく無い人が「Sleepless in Brooklyn」を聴いた感想 

先に言っておくと、自分は[ALEXANDROS]に関してほとんど知らない。
ほとんど知らないは言い過ぎました、そりゃ聴いたことある曲もありますよ?
「ワタリドリ」ってめちゃめちゃいい曲っすよね。


まぁそんなもんである。
別に嫌いなわけではなく、何故か手を取らなかったバンドの一つだった。
キラキラしているイメージが強かったからなのか、川上洋平のイケメンさに嫉妬していたからなのか。
あの髪型を真似したいだとか、何でマイクスタンドは逆L字型になっているんだろうとか。
「若い人が好きそうだな」って感じたのも確かだ。
なにかこう、しっくりこなかった。
そうなればCDを購入することもなく、ずるずると年月は経っていき[ALEXANDROS]は記憶の片隅に名前だけが残っているバンドとなっていた。


事のきっかけは木村拓哉が主演を務めることで話題になったPS4用ゲームソフト「JUDGE EYES:死神の遺言」の主題歌を[ALEXANDROS]が担当するというニュースだった。
キムタクがゲーム内とはいえ自由に操れるということにも興味があったが、まさかそこで[ALEXANDROS]の名前が挙がると思っていなかった。
ゲームのPVで聴くことが出来た曲の一部が、今まで持っていたイメージを壊しにかかったのがこの時。






キラキラ感はありつつも大人な曲調、という印象を受けた。
大きなタイアップだからもっと攻めた曲を提供するかと思ったが、予想の裏切るロックバラード。
この曲が自分が抱いていたイメージを正面からぶち壊した。
ただ一つ不満を言わせてもらうと、MVに木村拓哉が出演しているということでMV終わりのおふざけパートを期待していたのに、一切なかったということだ。
木村拓哉と[ALEXANDROS]の絡みを見てみたかった。
ふざけなくてもいいから、挨拶してるシーンだけでも付け加えて欲しかった。
まあ某J事務所的にNGだったのかもしれないですけどね。


そんなこともあり[ALEXANDROS]に興味を持ち始めたのも束の間、すぐにニューアルバムがリリースされる最高の展開。
さらに言うとApple Musicですぐさま配信されたからもう神様仏様ようぺいん最高である。
さらにさらに言うと、このニューアルバム「Sleepless in Brooklyn 」が文句なしの良作だった。




Wikipediaを見る限り、全13曲中7曲が既にシングルとして発売されており新曲は6曲となっていた。
それでありながらアルバム全体を通しての繋がりの良さはいかにして生まれているのか。
アルバム用に編曲されているとはいえ、全く違和感が無い。
というか、この記事を書くまでに散々聴き通したけど半分以上がシングルから持ってきているなんて気が付かなかった。


全体的な感想としては、バラエティ豊か、だ。
1曲目の「LAST MINUTE」ではアルバムの出だしとしては珍しい落ち着いたスタートをし、「アルペジオ」、「Mosquito Bite」、「I Don't Believe In You」とバンドサウンドが続き、徐々に激しさのギアを上げていく。
5曲目の「ハナウタ」でバラードを挟み一旦落ち着かせ、次曲の「PARTY IS OVER」ではシンセベースを使用するという新しい試みを入れてくる。





ずっと気になっているんですが、曲の合間合間に入ってくる破裂音というか着信音というか。
なんの音なんですかね?
もうこればっかり気になっちゃってメロディが頭に入ってこないんです。


7曲目の「MILK」から「spit!」、「KABUTO」と低音をズンズンに効かせ歪ませの激しい曲が続く。
「MILK」はロックとヒップホップを上手く混ぜ合わせていて、必聴の曲。
あと「KABUTO」は今までとは違う方向で振り切ってラウドな曲になっている。
アウトロで誰かがセリフを言っているのだが、一切聞き取れなくて困ってるし、そのメロディがなかなか耳に残ってしまうのタチが悪い。
誰か翻訳頼む、まじで。


10曲目の「FISH TACOS PARTY」でやっと今まで自分が持っていたイメージ通りの[ALEXANDROS]が出てきた。



いやもう本当に長かった、どれだけ待たせるんだよ。
この軽快でキャッチーなメロディが[ALEXANDROS]らしさだと思うんですよね。
この「FISH TACOS PARTY」、ちょっと遊び心がありそうな面白いタイトルのくせに詞の内容は超を付けたくなるほど真面目。
そんなこと言われても全然パーティー気分になれない。
でもメロディが良すぎて何度でも聴きたくなってしまう中毒性。
自分としてはアルバム収録曲で1番を選ぶとしたら間違いなくこの曲。


11曲目「Your Song」、「SNOW SOUND」とアルバムのエンディングに向かっていくような切なく寂しさを与える曲調。


そして最終曲の「明日、また」は、さながらライブのアンコールのような最後の一絞りを感じさせるキャッチーさと軽快さ。
タイトルもそんな感じがするよね。
この曲を1日の終わりに聴いて、明日もまた頑張ろう、となれる曲調。




一言言わせてもらうと、このアルバム最高に良い。
過去作を聴いていないので、今までがどのような作風だったのかが分からない。
往年のファンからしたら、私の好きだった[ALEXANDROS]はどこへ行ってしまったの…ということになっているかもしれない。
知らんけど。
どうせ川上洋平の顔しか見てないやつも幾人かはいるであろう。
ただ、[ALEXANDROS]ど素人の自分が聴いた限りでは、このアルバムはオルタナティブ・ロックとして何度も聴き返したくなる作品であることは間違いない。
今まで聴かず嫌いしていた(別に嫌いじゃないんですけどね)過去作にも手を出してみようと思った、そんなきっかけを与えてくれる良い機会になった。

Sleepless in Brooklyn [ [Alexandros] ]

価格:3,240円
(2018/12/16 00:17時点)
感想(0件)




Sleepless in Brooklyn (完全生産限定盤 2CD+DVD+T-shirt) [ [Alexandros] ]

価格:8,138円
(2018/12/16 00:17時点)
感想(2件)


( 2018/12/16 00:21 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)

04 Limited Sazabysの「Kitchen」が突然公開されたけど、いつ撮影したの? 

ふらーっと日課であるYouTubeの徘徊をしていたら、04 Limited SazabysのMVが公開されていることに気付いた。
こんなサイレント公開ある?
一切そんな気配出してなかったじゃないか。
最新アルバム「SOIL」からは既に4作目のMV、シングルも含めると「SOIL」からは6作のMVが公開されている。
収録曲は12曲なので、これでアルバムの半分でMVが作られていることになる。
2018年は04 Limited Sazabysの好調っぷりには本当に目が離せない。



Kitchen



前に公開された「Galapagos」に続き、コメディー調で作られている。
タイトルにちなんで、”サザビー4分クッキング”なんて上手いこと言いながら料理を作っている。
曲自体は2分42秒なので、全然尺不足なクッキング番組なんですが。

「食べ物を粗末にするな!」という声が出てきてもおかしくないレベルで、食べ物をぶちまけている。
料理の出来なさそうな4人が食べ物をぶちまけながら、使えもしない調理器具を持ちながら、最後には高級そうなムニエルが出てくるって結局どういう過程で作られたのか全く分からないまま終わるクッキング番組。
04 Limited Sazabysらしい、おちゃらけて面白い作品だと思う。



そもそも、今ツアー中だよね?いつ撮影したの?

2018年10月10日に発売された「SOIL」。
そしてこのMVが公開された12月1日はリリースツアー真っ只中である。
GENのTwitterとInstagramをフォローしていが、連日ライブの写真がアップされている。
ここで1つの疑問が出てきたのだが、一体いつこのMVは撮影されたのだろうか。

8月は夏フェスに引っ張りだこであったことは皆も承知であろう。
Hi-Standardの主催するAirJamではトリ前を任される大抜擢&期待を大きく超えるパフォーマンスで話題になった頃も記憶に新しい。
9月も様々なフェスに出演し、末には裏10th Anniversary Liveのツアーも開始した。
恐らく翌月に発売するアルバムの準備も進めていたであろう、暇なわけがない。
10月は待望のアルバムが発売。
ラジオやテレビ、雑誌ととにかくメディアに出ていたし、タワーレコードとのハロウィンコラボもしていた。
下旬からはリリースツアーも始まって全国各地に飛び回り始めた。
11月もツアーを回りつつ、テレビやラジオもこなしていることを考えると、スケジュール的にいつ撮影したのかが検討もつかない。
家に帰ったと思えば愛猫をSNSにアップするような人間にそんな撮影時間があるとは思えない。
並みの人であればあまりの多忙さに過労になってもおかしくない仕事量をこなしていると思われる。
売れるって大変なのね。

手があるとすれば、短時間で撮影を終われせてしまうこと。
映像の知識には乏しいのでデタラメ行ってる可能性があるかもしれないが、真っ白な背景に簡素なセット、メンバーが写っているシーンもさほど多くないので、その線もあるのではないだろうか。
とても凝った台本があるとも思えないので、どっからどこまでアドリブなんだ。
GENがネギを折るとメンバーがびっくりするシーンがあることから、まさか折るだなんて聞かされていなかったのだろう。
短時間撮影であると考えれば、なんと効率的な活動なんだろうか。



そんな詰まりに詰まったスケジュールの合間でファンを想いMVを製作する04 Limited Sazabysには驚かされる。
GENって休まなくても大丈夫なサイボーグなんじゃないかな。
そもそもがかなりのハイペースでMVを公開し続けているのに、なおさらこのタイミングで公開するのはサプライズが過ぎる。
常にファンを飽きさせない遊び心を持つ30代男性4人組ロックバンド04 Limited Sazabysはこの先も愛され続けるんだなと確信した。



SOIL [ 04 Limited Sazabys ]

価格:2,916円
(2018/12/1 23:47時点)
感想(0件)




10th Anniversary Live(BD)【Blu-ray】 [ 04 Limited Sazabys ]

価格:5,362円
(2018/12/1 23:47時点)
感想(0件)




( 2018/12/01 23:48 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)

人気上昇中の邦インストバンドまとめ〜その1〜 

最近はインストバンドの名を見る機会が多くなってきていると思う。
一昔前までは知る人ぞ知るジャンル、楽器の音だけ聴いてて何が楽しいのという状態だったが、ここ数年でインストのファン人口は右肩上がりだ。
それこそ良いインストバンドが表舞台へ出てきたということもあるが、まだまだシェアの少ないことに変わりはない。
インストバンドのみを集めたフェスが開催されるようになったのは非常に嬉しいことだ。

楽器だけで音楽を作り上げるインスト、正しくはインストゥルメンタル。
新旧入り乱れる今はまさにインスト戦国時代。
じゃあ、どのバンドが良いの?って話。

ということで今回はこれを押さえておけばインストバンドを知った気になれるバンドを挙げていこうではないか。



SPECIAL OTHERS



言わずもがな、1995年に結成されビクターエンターテイメントに所属する大ベテランバンド。
縦ノリの踊れるインストバンドが流行っているが、SPECIAL OTHERSに関しては横揺れ。
片手にビールを持ちながらリズムに合わせて横に揺れるのが最高にマッチする。
楽曲もおしゃれなものが多いので、カフェなどでの作業BGMにちょうど良い。
ギター、ベース、ドラム、キーボードのシンプルな構成でありながらも、そんなことを感じさせない濃密な楽曲になっている。
また、様々なアーティストをフューチャリングに招いた曲が数多くリリースされている。
個人的に"サイプレス上野とロベルト吉野"との「DOOR」が好みだ。

インストとヒップホップの組み合わせ!?と最初は驚いたが、聴いてみるととても自然で、こんな組み合わせも良いなと思わされた。
何にでも合わせられるSPECIAL OTHERSの器用さに脱帽だ。



東京スカパラダイスオーケストラ



続いても大御所スカバンドの東京スカパラダイスオーケストラだ。
結成は1985年というから驚き。
曲名は知らずとも、耳にしたことのあるフレーズは多いであろう。
上の「Paradise Has NO BORDER」のようなキラーチューンが満載のバンドだ。
さかなクンとのフューチャリングってのに懐かしくて笑える。
学生時代に吹奏楽部経験者であれば、東京スカパラダイスオーケストラの曲を演奏した人も多いはず。

また、SPECIAL OTHERSと同じでこちらもゲストボーカル曲が数多く存在する。



みんな大好き細美武士(ELLEGARDEN/the HIATUS/MONOEYES)をボーカルとして迎えた曲。
てっきり細美武士が作詞とメロディを作ったのかと思ってしまうほど、細美武士に合った楽曲になっている。
このように誰にでも合わせられる変幻自在さもベテランであり、東京スカパラダイスオーケストラの持つ強みなのではないかと。

他にも奥田民生やCHARA、チバユウスケともコラボしている。
正直、ここでは挙げきれない程のコラボがなされている。
しかもどれも名曲ってなんなの。
「美しく燃える森」や「サファイアの星」なんかは30、40代の方も聴き慣れた曲だろう。






toe


2000年結成のtoe。
よく見かけるとしたら、the HIATUSで気持ち良さそうにドラムを叩いている柏倉隆史であろう。
幻想的な楽曲が多く、既存のバンドサウンドに囚われない挑戦的なものが多い。
打ち込みが多用されたエレクトリカルな楽曲もあれば、ピアノで悲しげに表現される楽曲もある。
そして界隈でも随一の腕前を誇る柏倉隆史のドラミングである。
ギターの空間系エフェクトを前面に押し出すことも多く、綺麗であり激しさを持つtoeは1つのジャンルに区分することが難しいバンドである。



te'



2004年結成の残響レコード所属であるte'。
非常に短いバンド名に反して、曲のタイトルはデタラメに長い。
美術館に置いてある絵画の作品かと思うくらい長い。
残響レコード所属とは書いたが、そもそも残響レコード設立の始まりはte'であり、代表取締役はギターの河野章宏が務めている。
まさに「残響系」と言わんばかりの楽曲は轟音。
津波の如く押し寄せる音の暴力とも言える激しさ、それでありながらギターのアルペジオが特徴的である楽曲は、一時期のブームを作り出した。



mudy on the 昨晩




続けて残響レコードからもう1バンド。
2006年に名古屋で結成されたトリプルギターのインストバンド。
縦ノリの激しい楽曲に、ステージで暴れまわるメンバーが印象的。
ギター3本それぞれから織りなされる音は聴き応え十分。
なぜMVを2つ貼り付けたのかというと、続き物になっているから。
ベースの朴木祐貴がネタキャラの地位を築いた作品だ。
最近は(恐らく就職したので)ライブの本数も減ってしまったが、まだまだ現役で活動中だ。
ちなみに、tricotのギタリストである"キダ モティフォ"の名付け親はmudy on the 昨晩の森ワティフォだ。




まだまだ紹介したいインストバンドはいるが、1つの記事にまとめるとやたらと長くなってしまうので、Part1とさせていたこうかと。
一口にインストバンドと言っても、どのバンドもそれぞれな特徴を持っている。
この機会にボーカルのいない、楽器だけの音楽に興味を持っていただければと思う。

( 2018/11/21 08:30 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)