FC2ブログ

残響レコード時代の盟友であるcinema staffと高橋國光(österreich/ex.the cabs)の共作「斜陽」を聴いて涙が出る 

懐かしさという補正は強い。
ゲームだって美麗グラフィックに広大なフィールドを駆け回れる時代になったというのに、スーパーファミコンのドット絵は懐かしさ補正もあり今でも根強い人気があるし、そういうゲームに限ってストーリーに深みがある。
足にティッシュ箱履いたようなポリゴンの時代も然り。

音楽でも同じようなことが言えて、その一つに残響レコードの作り出した流行り、「残響系」がある。
2010年代前後に流行った残響系の中核を担ったのが、cinema staffであり、the cabsである。
今では「great escape」や「Name of Love」でアニメ「進撃の巨人」EDテーマを担当したりのイメージがあるcinema staffも、過去はベースの音で安全確認したりスネアが鳴ったら断然有利な時代もあった。

the cabsも高橋國光の失踪により解散を余儀なくされてしまったが、まさに「これから絶対に売れるバンド」の一つであったし、唯一無二の音楽性で今でも根強くファンの多いバンドである。

そんなcinema staffとthe cabs、一方はメジャーレーベルへ、一方は解散…という道を辿りまさに雲泥の差と、月とスッポンの差がついてしまった。
the cabsのメンバーである首藤義勝と中村一太はそれぞれのバンドで音楽活動をし、バンド解散の原因でありthe cabsの作詞作曲を行なっていた高橋國光は贖罪として音楽活動を辞めると宣言し、ファンはもう色々と諦めるしか無い状況になっていた。



そんななか事が動き出したのが、高橋國光のソロプロジェクトである「österreich」の楽曲にcinema staffの飯田瑞規がゲストボーカルとして参加した「楽園の君」からだ。
過去記事→何年も待ち望んだ高橋國光と飯田瑞規の共演がついに実現。アニメ 東京喰種:reのEDを担当するösterreich(オストライヒ)が「楽園の君」のMVを公開、先行リリースも発表

ファンとしてはösterreichが活動を続けてくれるだけでも嬉しいのに、残響系時代を聴いてきた者としてはcinema staffと高橋國光が一緒に音楽を作ってくれることは神様に感謝してもしきれない喜ばしさ。
この曲はösterreichの曲に飯田瑞規を招いて作り上げた、ものである。

そしてである。
レーベルを超えたcinama staff初のベストアルバム「BEST OF THE SUPER CINEMA 2008-2011/2012-2019」に収録される新曲「斜陽」が高橋國光が共同制作として発表された事件は。
なんということだ。
さらには本作のツアーには全行程で高橋國光が参加するという第5のメンバー扱い。
というか、高橋國光が表舞台に立つのは何年振りになるのか。


そんな喉から手が出るほど聴きたかった楽曲がサブスクリプションにてアルバム先行リリース、MVも公開となった。




斜陽





MVは高橋國光が監修。
the cabs時代からMVの制作に携わっていただけあって、さすがの出来栄えである。
はてさて、この曲を聴いて思うことは「あれ、the cabsじゃね?」である。

そりゃ高橋國光との共同制作であるので当たり前でもあるのだが、cinema staffがここまで高橋國光に寄せてくれることに愛を感じずにはいられない。
難解なアルペジオに変態というのが褒め言葉の変拍子、さらには國光シャウトまで…



なんて思っていたらベースの三島想平との掛け合いとな。
the cabs名物のシャウトを曲に入れようぜとなり、だったら三島も一緒にやろうぜ!的なノリにでもなったのだろうか、仲睦まじいだろ…

歌詞は高橋國光が書いており、どこか文学的で独特な言葉遣いや言い回しは健在。
決して明るいとは言い難い詩の内容が、人間性を表しているなと感じさせられる。




the cabsが再結成することは現時点で決してないであろう。
だが、高橋國光の音楽を聴きたがっている人は大勢いる。

今回の共同制作を持ちかけたcinema staffもその一部であると思うし、誰よりも高橋國光という人間が作る音楽が好きでしょうがないのであろう。
であるからにしてこの「斜陽」は出来上がったし、ツアーに参加する運びになったのではないかと。
元レーベルメイトとして、同じ時代を戦った戦友として、才能を認め合って作り上げられる音楽が本当に美しすぎて涙が出る。

僕も愛して止まないösterreichもレーベルが決まり、これから派手に活動していくものだと期待をしている。
凛として時雨のライブにゲストアクトで参加が決定していることから、今後はライブ活動もしていくのであろう。
止まった足が再び動き出す様を見られるのもファンとしては嬉しい。

残響系という言葉も今は昔ですっかり聞かなくなってしまったが、おじさんとしては懐かしい響きを感じる。

高橋國光 関連記事
the Cabs以上のマスロックバンドは出て来るのか / おすすめ曲紹介
アニメ「東京喰種:re」のEDテーマに再び抜擢されたösterreich(オストライヒ)/高橋國光を振り返る
何年も待ち望んだ高橋國光と飯田瑞規の共演がついに実現。アニメ 東京喰種:reのEDを担当するösterreich(オストライヒ)が「楽園の君」のMVを公開、先行リリースも発表
cinema staffの飯田瑞規が突然のソロ作品「眩暈」をリリース、突然どうした?
TVアニメ「東京喰種トーキョーグール」の主題歌が良いものしかないのでまとめる



【先着特典】BEST OF THE SUPER CINEMA 2008-2011/2012-2019 (スペシャルCD付き) [ cinema staff ]

価格:3,780円
(2019/9/17 23:12時点)
感想(0件)




Name of Love [ cinema staff ]

価格:1,404円
(2019/9/17 23:13時点)
感想(1件)


( 2019/09/17 23:20 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)

the HIATUSの10年間と6枚のアルバムを辿る 

2019年で活動10周年となるthe HIATUS。
もう10年経ったのか…!?と思ってしまうほど時間の流れは早いし、ELLEGARDENが復活するまで10年かかったと思えば気が遠くなるほど長かったような気もする。
細美武士がELLEGARDENの活動休止後に誰とどのようなバンドを始めるのだろうか…とドキドキしたのも10年前ですよ。
皆さん、良い10年間を過ごせましたか?

さて、節目となる10年までにthe HIATUSは計6枚のスタジオアルバムを世に送り出しています。
ファンである僕としてはどのアルバムもそれぞれ特徴的で独創的で聴き込めば聴き込むほどに良さが出てくる素晴らしいものでしかない。
盲目的な発言ばかりになるかもしれないけど、その10年間にリリースされた6枚のアルバムを順に辿って、そのthe HIATUSの変化を聴きとっていきたい。
嬉しいことについ先日全アルバム全シングルをサブスクリプション配信を解禁したので、「ELLEGARDENは大好きだけど、the HIATUSはあまり知らない。」という不届き者もこの機会に触れてみたらいいんじゃない?




Trash We'd Love
Trash Wed Love


2009年に発売された記念すべき第1作目である「Trash We'd Love」。
ELLEGARDENが活動休止して他のメンバーは続々と新しい活動の報告が上がってくるなかで、1番最後の動き出しとなった細美武士のバンド、というよりもプロジェクトであるthe HIATUS。

やはりパンクロック路線で来るだろう、とクラウチングで構えていたキッズをヒラリマントで跳ね返した本作。
パンクロックというよりはオルタナティブロックであり、どことなく芸術を感じられる音楽性で「あ、ELLEGARDENとは別物だと考えたほうがいい」と思った記憶がある。
恐らく「ELLEGARDENは大好きだけど、the HIATUSはあまり知らない。」勢はここで、期待していたものと違う…と肩を落としたのが原因じゃないかな。

確かにアルバム全体としてはしっとりとした落ち着いた曲が多い印象。
ただ、「細美武士ってこういう曲も作れるのか…!」という驚きの方が大きかった。
キーボードが加わったことによって音楽性の幅が格段に広がったな、と感じさせられる。
繊細で美しく、時には激しく躍動し、心の底に溜まった泥を掻き出してくれるような音楽が詰まった作品。
ELLEGARDENのパンクと、the HIATUSのアートが試行錯誤しながら半々で混ざっているような印象。



とはいえ、Tr.8「The Flare」を筆頭に盛り上がれる曲も揃っている。
この曲のCメロが秀逸すぎるんですよ…




ANOMALY
ANOMALY.jpg


前作から約1年経った2010年にリリースされた「ANOMALY」は、また違った顔を見せる。
「Trash We'd Love」では繊細で芸術的な一面を持っていたが、今作は荒々しい激情のようなものを感じる。
Tr.1「The Ivy」のイントロで轟音のように全楽器を搔き鳴らしながらアルバムが始まるのが非常にインパクトが強い。

全体的に歪んだギターのリフから始まる激しい曲が多く、「あれ、前作のような美しい芸術性はどこへ…?」と思ってしまうが、これはこれで一種の芸術なのだと思う。
綺麗なものだけが芸術じゃないぞ、と。
手探りの中作り上げた前作を経て、掴み取ったものをぶつけているような荒々しさはthe HIATUSの6枚のアルバムでも1番だと。
リリースツアーに参戦したんだけどさ、だいたいの曲でモッシュとダイブ起きてたもの。

個人的イチオシ曲はTr.3「My Own Worst Enemy」で、激しいイントロからAメロ、Bメロと進んでいき、サビでぶち上げるかと思いきや突如として違う曲かのように美しいメロディを奏でる落差が癖になる。




A World Of Pandemonium
A World Of Pandemonium


またもや約1年という驚異のスパンで2011年にリリースされた3作目の「A World Of Pandemonium」。
はっきり言うと、このアルバムからthe HIATUSの方向性が固まったかな、と思う。
固まったというか、「らしさ」が詰まっているかな。
優しさとか心の暖かさが感じられるような。
食べ物でいうとおかゆだけど、それだけじゃ物足りないから少し梅干しが入ってるような。
そんな、聴けば心が穏やかになる曲が揃ったアルバムという印象。

個人的には6作の中ではこのアルバムが断トツに好み。
尖り過ぎず、丸過ぎず、絶妙なバランスで進んでいくアルバム曲が絶妙な心地良さを作り出してくれる。
今作の特徴として、アコースティックギターの音色が随所に聴こえてくるところだと思う。
Tr.1「Deerhounds」が分かりやすくアコースティックギターに比重を置いて曲が作られている。
エレキギターとは違った暖かみのある音がアルバムの優しげな印象を際立たせている。

そして、このアルバムの全国ツアーが終わった後にオーケストラを加えて行われた「The Afterglow Tour」もぜひ聴いてもらいたい音源の一つ。
これまでの楽曲にオーケストラのアレンジを加え、また一味違った表情を見せてくれる。



芸術とかおしゃれとか大人とか散々言葉にしてきたけど、このツアーが集大成であると思う。
もうね、本当に生でライブ観られなかったことを一生後悔するくらい良かった。
BDで発売してくれて本当に感謝しかない。
この綺麗なコーラスの女性は誰なんだろう…
ほう、坂本美雨さんか…
坂本龍一の娘!?
となるところまでがワンセット。




Keeper Of The Flame

Keeper Of The Flame


オーケストラツアーを挟んだこともあってか、少しペースを落とし約2年半振りの2014年に発売された4作目「Keeper Of The Flame」。
1〜3作目をthe HIATUSの第1部、4作目であるこのアルバムから第2部としていいかもしれない。
というのも、これまでキーボード/プロデュースを担当していた堀江博久がソロ活動に専念するため脱退。
今までもレコーディング、ツアーに参加していた伊澤一葉(ex.東京事変)が就任した。
伊澤一葉が加わってのことなのかは定かでないが、かなり前衛的なアルバムだなと思う。

これまでのバンドサウンドとは打って変わり、エレクトロニックな要素が強く出ている。
キーボードはピアノというよりシンセサイザーとしての役割が多く、細美さんもギターを弾くよりシンセサイザーを触っている時間の方が長い。
前作でthe HIATUSとしての音楽性が固まったな!っと思った矢先にぶっ壊して新しい音楽に挑戦するその姿勢がthe HIATUSらしさじゃないかと思わされる。
一生ついて行きます、と誓ったファンであっても困惑を隠せないほどの方向転換っぷり。

とはいえ、この新しいサウンドもなかなか良いもので、細美さんが狙っていた「踊れる」という要素が縦ノリを生んで聴いていても飽きが全く来ない。
Tr.2「Something Ever After」はミドルテンポで落ち着いたメロディながらも、勝手に体は動いちゃうし、歌いたくなってしまうしで細美さんの思う壺。

Tr.8「Tales Of Sorrow Street」は2011年に発生した東日本大震災で被害に遭われた方へ向けて歌った曲で、特に復興へ力を注いでいる細美武士としては思いの込もったものではないのかと。
元々は細美武士がソロの弾語りとして作った曲を、今作でアレンジを加えて収録した…という情報をどこかで読んだような読んでいないような。
ソースはないです、間違っていたらごめんなさい。




Hands Of Gravity

Hands Of Gravity


バンド初の日本武道館公演を成功させ、2016年に発売された5作目「Hands Of Gravity」では、前作で際立っていたエレクトロニックなサウンドからバンドサウンドへと戻している。
どことなく1作目と似た雰囲気を持ち、原点回帰をしたようなアルバムに感じる。

前作「Keeper Of The Flame」が実験的で挑戦的な要素が強過ぎたアルバムだった為に、今作が物足りなく思えてしまうのもしょうがない。
これが化けの皮を剥がした本来のthe HIATUSとしての姿であろう。

細美武士史としては前年の2015年にMONOEYESを結成し、皆から待たれていたパンクロックを放出する場が出来た。
これによって、the HIATUSはthe HIATUSとしてやりたいことを作り上げていくことが出来るようになったのではないかと。
「Jive Turkey」と名付けられたブルーノート、ビルボードで行われた公演では、食事を楽しみながらお酒を飲みながらライブを楽しむスタイルで行われ、ジャズのようなアレンジも加えられた一味違ったものとなっていた。
こんな公演もthe HIATUSだからこそ出来るものであると思う。
映像作品としてリリースもされているから、必聴の一枚。
職業柄、どうしても音響/PAのほうに目と耳が傾きがちなんだけど、随所に技が光っていて感動してしまった。




Our Secret Spot
Our Secret Spot


2019年に節目となる結成10周年を迎え、発売された6枚目の「Our Secret Spot」。
発売前に公開されたTr.3「Regrets」のMVを聴いて誰しもが思ったはずだ。
「あ、これまた新しいサウンドに挑戦しておしゃれになるアルバムだ」と。



毛色としては4枚目である「Keeper Of The Flame」で挑戦したサウンドの発展系であり、細美武士曰くthe HIATUSで目指すサウンドとしては一旦の完成系。
Wikipediaには「時代性や音楽を取り巻く環境の変化を反映させたロックバンドのサウンドデザインの更新」をテーマとしたって書いてあるんだけどさ、もうアーティストってよりも研究者っぽい境地に踏み込んでる。
確かに、サブスクリプション時代に突入していることを考慮し中音域より上の歪んだ音を削ったようなことが書いてあるんだけど、先に挙げた「Regrets」なんかは顕著で僕が気になったのはバスドラムのアタック音が聴こえない/削られてるんですよね。
アタック音ってのは足でキックペダルを踏んでバスドラムを鳴らす時に、キックペダルのビーター(ググってね♡)とバスドラムのヘッド(ググってね♡)が当たった瞬間の「バチッ」という音のことで、割とPAやレコーディングエンジニアはこの部分を聴かせたがる。
そこを削ることによって生演奏でありながら打ち込みのような低音感が得られているし、ロックバンドでありながらもロックバンドらしさを感じさせない印象を受ける。

また音楽ジャンルで分けるには難しい路線を進んできたし、ファンも一瞬狼狽してしまいそうな曲を作ってきたなと。
右ストレートと思わせての左ブローを打たれたような今作は、暴れたい盛りの「パンク/ロックバンド」が好きな層には受けが悪そうに思える。
ただこれではっきりしたことは、the HIATUSは決してジャンルに囚われるバンドではないし、時代に伴いファンの求めるものに伴いサウンドを更新/変化し続けるスタイルだということ。
the HIATUSが早足で進み続ける速度に遅れを取らないよう一緒についていくこともファンとしての務めかなとも思う。

今作からサブスクリプションでの配信も開始したことも大きな出来事ではないかと。
リリース日に同時配信されたことはもちろんのこと、後日には過去のシングル・アルバムすべてが解禁となった。
サブスクリプションで音楽を聴く、ということが世界的に普及し始め当たり前になってきたからこそ時代に合わせたということであろう。
旅行先でiPodを忘れたか紛失した細美さんがしぶしぶ試しにサブスクリプションを利用したところ「すげぇ便利!」と感嘆したことも大きいのかもしれない。(Twitterでちらっと見かけた情報です、間違ってたらごめんなさい…!)




ざっくりではあったけど、10年間と6枚のアルバムに対してのほとんど個人的な感想である。
日本においてここまで試験的、挑戦的なことをアルバム単位でぶつけてくるアーティスト/バンドそうそういないのではないかと。
それによってアルバムごとに特色が出て来ており、アルバムそれぞれに愛着が出てくる。
「Regrets」のMVでメンバー全員映るけどさ、最高にハイパー格好良いおじさん5人組だよね。
ウエノコウジが50代って、なんかもう渋すぎるでしょ。

長かったような短かったような、そんな10年間であったがまずはバンドが10年続いてくれたことに感謝したいし、この先15周年、20周年と節目節目を共に歩んでいきたいと心から思えるバンドの1つです。

Jive Turkey vol.1 Live at Blue Note Tokyo 2016 and Tour Documentary【Blu-ray】 [ the HIATUS ]

価格:3,691円
(2019/8/22 05:32時点)
感想(2件)




Keeper Of The Flame Tour 2014 Closing Night 日本武道館 2014.12.22 [ the HIATUS ]

価格:4,379円
(2019/8/22 05:32時点)
感想(3件)




The Afterglow Tour 2012 [ THE HIATUS ]

価格:3,085円
(2019/8/22 05:33時点)
感想(3件)


( 2019/08/22 05:35 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)

King Gnuのボーカル井口理による悪ふざけ「#本日の井口」大全集 Part.8 

前パートはこちら























































実に全8回となってしまった大全集。
本当はすべての投稿に一言ずつコメントを添える予定であったが、探せば探すほど動画の数が増えていき心半ばで諦めた。
1パート10本載せているので、その数80となった。
特にSrv.Vinci(サーヴァ・ヴィンチ)時代は1日1動画と銘打って休まず毎日投稿されていた。
大全集作るのも諦めかけた。
2019年5月22日現在でTwitterに現存するものは集めたつもり。
ただ自分の1番好きな動画が消去されたのか、見つけられなかったのが心残り。
気になる方は「井口理 謝罪」で検索してもらえればファンの方が保存したものが見つかるはずなので。

最近は音楽活動だけでなくラジオパーソナリティも務め忙しくなったおかげで投稿ペースは以前に比べて落ちてしまったが、アップされると話題になるクオリティを誇る「#本日の井口」。
また「#本日の井口」が投稿されたらまとめてみようかと。


King Gnuのボーカル井口理による悪ふざけ「#本日の井口」大全集
Part.1
Part.2
Part.3
Part.4
Part.5
Part.6
Part.7


King Gnu過去記事
新曲を再生した瞬間から最高だったKing Gnu / おすすめ曲紹介
King Gnuが「Prayer X」のMVを公開、だが理解が出来なくて困っている。
King Gnuのニューアルバム「Sympa」への期待が大き過ぎる
King Gnuのニューアルバム「Sympa」 は2019年を代表するアルバムになることは間違いない
King Gnuの「白日」がMV公開されたけど、ミュージックステーションに出演していたバンドと本当に同じか?

Tokyo Rendez-Vous [ King Gnu ]

価格:1,800円
(2019/5/22 03:15時点)
感想(5件)




Sympa [ King Gnu ]

価格:2,899円
(2019/5/22 03:15時点)
感想(6件)


( 2019/05/22 02:43 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)

King Gnuのボーカル井口理による悪ふざけ「#本日の井口」大全集 Part.7 

前パートはこちら






















































King Gnuのボーカル井口理による悪ふざけ「#本日の井口」大全集
Part.1
Part.2
Part.3
Part.4
Part.5
Part.6
Part.8


King Gnu過去記事
新曲を再生した瞬間から最高だったKing Gnu / おすすめ曲紹介
King Gnuが「Prayer X」のMVを公開、だが理解が出来なくて困っている。
King Gnuのニューアルバム「Sympa」への期待が大き過ぎる
King Gnuのニューアルバム「Sympa」 は2019年を代表するアルバムになることは間違いない
King Gnuの「白日」がMV公開されたけど、ミュージックステーションに出演していたバンドと本当に同じか?

Tokyo Rendez-Vous [ King Gnu ]

価格:1,800円
(2019/5/22 03:15時点)
感想(5件)




Sympa [ King Gnu ]

価格:2,899円
(2019/5/22 03:15時点)
感想(6件)


( 2019/05/22 02:42 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)

King Gnuのボーカル井口理による悪ふざけ「#本日の井口」大全集 Part.6 

前パートはこちら























































King Gnuのボーカル井口理による悪ふざけ「#本日の井口」大全集
Part.1
Part.2
Part.3
Part.4
Part.5
Part.7
Part.8


King Gnu過去記事
新曲を再生した瞬間から最高だったKing Gnu / おすすめ曲紹介
King Gnuが「Prayer X」のMVを公開、だが理解が出来なくて困っている。
King Gnuのニューアルバム「Sympa」への期待が大き過ぎる
King Gnuのニューアルバム「Sympa」 は2019年を代表するアルバムになることは間違いない
King Gnuの「白日」がMV公開されたけど、ミュージックステーションに出演していたバンドと本当に同じか?

Tokyo Rendez-Vous [ King Gnu ]

価格:1,800円
(2019/5/22 03:15時点)
感想(5件)




Sympa [ King Gnu ]

価格:2,899円
(2019/5/22 03:15時点)
感想(6件)


( 2019/05/22 02:42 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)