FC2ブログ

ボーカルがいつの間にか入れ替わって魅力の無くなったBLINK-182 / おすすめ曲紹介 

この厳しい音楽業界ではメンバーの脱退、加入なんてことは珍しいことはありません。
前向きな理由、後ろ向きな理由それぞれあるとは思いますが、喧嘩別れなんてことも良くあります。
そんなメンバー間の不仲が原因でバンドを無期限の活動休止、4年後に和解し活動再開したと思ったら、いつの間にかフロントマンが入れ替わっていたBLINK-182に焦点を当てたいと思います。

BLINK-182.jpg

自分が好きだったのはこの3人の時代。
左からVo/Baのマーク・ホッパス (Mark Hoppus)、Drのトラヴィス・バーカー (Travis Barker)、Vo/Gtのトム・デロング (Tom DeLonge)。
90年代後半〜00年代にかけてパンクロックシーンの代表とも言える人気を誇ったバンドです。
出世作である「Enema of the State」は全世界で700万枚のセールスを記録、さらには次作は400万枚、次々作も600万枚を売り上げたモンスターバンド。
BOOKOFFに行けばだいたい250円くらいで叩き売りされてるくらい流通した。
それでも宇多田ヒカルのFirst Loveは販売枚数765万枚だから、宇多田ヒカルってすげえなぁ。



なにがそんなに売れたかって、おふざけが過ぎたんですよね。
もちろんいい意味でなんですけどね。



All The Small Things



当時のアイドルシーンを小馬鹿にして面白おかしくMVとしたのがウケにウケ、若者を中心に人気に火が着きました。
合間合間に挟んで来る小ネタが笑えるんですよね、良く見たら花食ってたりとか。
正直この頃のは荒削りではあるがセンスが良いパンクロックという感じ。
特筆すべきはメインボーカルであるトム・デロングのハイトーンで艷っぽい歌い方。
これは以後のBLINK-182を象徴付ける要素の1つで、絶対に外しちゃいけない要素。





What's My Age Again?



こちらもBLINK-182の代表といえるMV。
BiSの全裸MV先駆け。
街中を全裸で走り回るという発想も面白いと支持され、大ヒットに繋がりました。
この曲でのメインボーカルはBaであるマーク・ホッパス。
マークはザ・パンクロックバンドという歯切れの良い歌い方をします。
曲ごとにマークがメインであったり、トムがメインであったりという作り方がされています。





The Rock Show



4thアルバム「Take Off Your Pants and Jacket」より、前作で途方も無い大金を手に入れたメンバーがお金の力を使って街で大暴れしています。
嫉妬しかない。
だが、このような発想もBLINK-182ならではでしょう。
楽曲もよりシャープになり、パンクよりはロック寄りでありエモ要素が少し加わった感じ。
注目はトラヴィス・バーカーのドラム。
この辺りから才能が開花したとも言えるくらい上手くなっていきます。
四肢の動きが異常。





Stay Together For The Kids



ただただ自分が好きな曲。
先ほど言ったエモ要素が強く現れている。
こんな曲、高校生時代に聞いたらハマるに決まってるじゃないですか。





Always



5thアルバム「Blink-182」より、バンド名をタイトルに持ってきただけあって傑作。
自分としてはこのアルバムがBLINK-182としての完成系だと思っています。
パンクとしての要素は鳴りを潜め、様々なジャンルがミックスされた音楽性。
全裸で街を走り回っていた頃とはまるで違うバンド。
トムのボーカルはよりハイトーンでセクシーな歌い方となり、トラヴィスも手数がかなり増えた細かいドラミングと、メンバーの技術により一層磨きがかかっています。
マークはよく分からん。





I Miss You



こちらも今までとは一味違った楽曲。
そんじょそこらのパンクバンドとは一線を画す才能を見せつけるものとなった。
ウッドベースが使われ落ち着いた雰囲気。
どこか古い時代を感じをさせる印象がありながらも、バンドの良さが前面に出ています。
ここではボーカル2人の掛け合いが非常に良くマッチしている。




こんなカッコいいアルバムがリリースされてこれからの活動を期待しちゃう中でしたが、2年後の2005年に突然の活動休止。
本屋で洋楽雑誌を立ち読みしてたらこのニュース知ってかなりショックだった。
事の発端はトムのサイドプロジェクト。
このことを知らなかったマークが対立し、活動できる状態ではなくなってしまった。
その後しばらくは、トムはAngels & Airwavesで、マークとトラヴィスは+44で、それぞれ活動をしていた。

再び時間が動き出したのは4年後の2009年。
活動再開としてライブを行い、2011年に約8年振りとなる新作をリリースしました。



Up All Night



ちょっと老けて帰ってきたー!
と、ここでちょっと違和感が。
トムの声が何か違う。
どうやら加齢とともに今までのような声を出すことが出来なくなり、工夫をして近づけている、という状態になっている。
正直トムのファンとしては残念なことだ。
だがBLINK-182のファンとしてはこうしてまたアルバムをリリースしてくれることが幸せで、また活動をしてくれることを喜んでいた。
トラヴィスは天井知らずの成長でもはや何叩いてるのか分からん。
色んなアーティストにフューチャリングで呼ばれるような雲の上の存在となってますしね。




と、活動再開を喜んだまま長い年月が経ち、すっかり細美武士信者となってしまった自分はBLINK-182の存在を忘れていた。
過去のアルバムを聴くことはあるものの、新しい情報を探ることをせずにいました。
そんなある日、YouTubeのおすすめにBLINK-182のMVが出てきたのだが、まさかの光景。



Bored To Death



トムどこ行ったよ。
どうやら2015年に実質的なクビになっていたトム。
ツアーやレコーディングに参加しないことが多くあり、メンバーの堪忍袋の緒が切れたそうだ。
ツアーでトムの代役としてプレイしていたマット・スキバ (Matt Skiba)が加入となり、トムの居場所は無くなってしまった。
ボーカルは今まで2人で担っていましたが、マークがメインボーカルとして立つことに。
過去の曲はマットがボーカルを務める場面もありますが、違うそうじゃないんだ。
トムの歌が好きだったファンとしては非常に残念な知らせとなってしまいました。



正直、トムのボーカル無しではBLINK-182を受け入れることは出来ないし、今後追いかけようという気も起きていない。
トムはトムでUFOにお熱らしく、賞ももらっているくらいオカルティックなことになっている。
メンバーの入れ替えは珍しいことではないが、バンドの顔であるボーカルが変わってしまうとここまで好きの度合いが変わってしまうのかと。
絶対に無くしてはならないと思っていたトムの歌声という要素がすんなり無くなってしまったのは想像していなかった。
とはいえ過去作は確実に名盤であり、特に5thは強烈におすすめしたい。




音楽ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
( 2018/09/20 02:18 ) Category 洋楽 | TB(0) | CM(0)

聴かず嫌いしていたJustin Bieberだったけど「Love Yourself」を聴いてしまったので認めざるを得なくなってしまった 

曲を聴いたことないのに、なんか聴きたくないだったり、なんか嫌いっていうアーティストいませんか?
そういう偏見はなくそうとはしているのだけど、無意識に避けていたり。
そりゃ好きな音楽だけ聴ければ幸せですしね。


自分の場合はそればJustin Bieberで、ずっと聴くことを避けていました。
別に曲を聴いた訳でもないのに、多分自分には合わないなと決めつけて。
言い訳をすると、Justin Bieberが売れ始めた時はまだまだ毛が生え始めたような少年で、一時的な流行りだろう、聴かなくても損はしないだろうと斜に構えたまま時が経ってしまった。
その頃はメタルコアバンドをやっていたので、相当気に食わなかった。
あとは悪評を聞く機会が多かったのもイメージが悪くて手を出さなかった理由でもある。



そんな1曲も聴いたことのないJustin Bieber。
転機は仕事中に流れたとある映像で、イベントの最後にエンドロールのBGMがすごくいい曲だった。
なんだこの曲はと思い、スマホのSoundHoundで検索してみたら出てきちゃったんですよ。
見たくなかった名前が。
「Love Yourself by Justin Bieber」なんて出てきて。
若くから成功して妬ましいあいつの名前が。
だけど悔しいことにすげーいいメロディなもんだから、そのまま聴き入っちゃったんですよね。
ポップさの中にある綺麗で切ないメロディ。
楽器もアコギを基本として、間奏でアクセントとしてトランペットが入る程度で非常にシンプル。
それでありながらこの完成度。
正直この曲を聴いてJustin Bieberの見方が180度変わった。
アイドル路線のイケメンシンガーかと思ってたら、若き才能を持ったR&Bシンガーだった。


しかも、MVもとても良かった。



Love Yourself



カップルが日常の動作をダンスで表現しながら生活するこの作品。
ダンスのキレも見事ながら、動きの一つ一つも面白い。
彼女はずっと彼氏のことを鬱陶しそうに避け続けているのだが、最後には「Love Yourself」と書き置きを残して男は去ってしまうのも良く出来ている。
「Love Yourself」はそのままだと“自分自身を愛して”という意味で、言い換えれば“他人に愛してもらうのではなく、自分で自分を愛していれば”らしい。
英語のことはよく分からないんで他サイトの解説読んで書いてます。
この曲にはJustin Bieberの元彼女へのメッセージが込められているとされています。



この1曲ですっかり虜にされてしまった。
今まで聴かなかったことを後悔させられる日が来るなんて思ってもいなかった。
教訓として、音楽を聴くことへの偏見はなくそうと感じさせられた。
自ら良い音楽への道を絶ってしまうのはもったいない。
だがヴィジュアル系、てめーは例外だ。





Justin Bieber ジャスティンビーバー / Purpose [21曲収録 通常盤] 【CD】

価格:2,186円
(2018/9/14 01:22時点)
感想(0件)





音楽ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

( 2018/09/14 01:25 ) Category 洋楽 | TB(0) | CM(0)

King Gnuが「Prayer X」のMVを公開、だが理解が出来なくて困っている。 

若手バンドの中でも頭2つ抜け、破竹の勢いで人気を獲得しているKing Gnu。
先日サブスクリプションで新曲の「Prayer X」がリリースされ、切ない曲調が心地よく、この曲は既に「King Gnuの新曲が再生した瞬間に最高だった。」という記事で取り上げています。


同じ曲の記事なのですが、今回はMVの方。
9/12の20時に公開されたMV、もう観ましたか?




僕の鳩並みである脳では解釈が出来ない。
困った。
ざっとしたあらすじとしては、


主人公であるピアニストがステージで公演しているが、それまでには周りから曲を書くことを強要されたり、同じ顔の宗教じみた信仰心のファンに絶望し、ピアノを弾くことを止め涙を流す。
1人のファンにナイフで心臓を刺されるが、刺された傷で死ぬ前に拳銃で自らの頭を撃ち抜く。



という流れ。
キャラクターの不気味さも合間ってかなりショッキングな内容だ。


このMV、自分なりの解釈としては現在の音楽シーン、強いて言えばメジャーシーンへのアンチテーゼだと思っている。


レーベルからは売れる曲を作ることを強いられ、やりたい音楽とはかけ離れていく。
確かにレーベルの言う通りにしたら人気が出てファンも大勢ついたが、誰の顔を見ても違いはなく同じに見え、ライブは盛り上がるというよりも崇拝しにファンは会場へ押しかける。
こんなのやりたかったことと違うと涙を流したくなる。
ファンの見ている方向と自分の進みたい道は真逆であるのに誰1人気付くことはなく、心無いファンの言動はアーティストの心を深く傷付ける。
そんなファンは言うだけ言って、やるだけやって素知らぬ顔をし、再び同じ聴衆の群れに戻りいつも通りの崇拝へ。
そんな音楽シーンに絶望したアーティストは音楽の道を諦めることとなる。



箇条書き風だけど、こうMVの内容を上記のように捉えるとかなり風刺の強い作品となっている。
確かに今の音楽界隈は歪み始めているんじゃないかなと感じる。
レーベルが作り出すバンドの方向性というのも、何か違和感を覚える。
最近は売れる音楽は多いが、心揺さぶられる音楽を耳にする機会が減ってきた。

また、SNSの普及もあり聴衆のメッセージは直接アーティストへ届きやすくなっている。
良い意見も届けば、無茶苦茶な暴言のような心痛むメッセージも同じように届くであろう。
ファンは大多数の匿名性を使ってリスクなしで相手を傷つけることが安易に出来るようになった。
ネットを通じているので実感が湧かないと思うが、アーティストも1人の人間である。
そのことを理解出来ていない人が多いのであろう。


なんだか文字で起こしていたらちょっと理解できた気がしてきた。
とは言え、上で述べたことは自分としての解釈であって、King Gnuが伝えたいメッセージとはまるで違うかもしれない。
ただただ不気味なMVを作りたかっただけかもしれないし、もしかしたら非常にハッピーな意図があるかもしれない。
もし、この作品が音楽シーンへのアンチテーゼとして作られていたとしたら、King Gnuは他のバンドとは一線を画す存在となることは間違いない。








Tokyo Rendez-Vous [ King Gnu ]

価格:1,800円
(2018/9/12 23:51時点)
感想(1件)





音楽ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
( 2018/09/12 23:25 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)

フラワーカンパニーズの「深夜高速」という名曲 

昔、職場で音楽好きの先輩が店内BGMでかけていたのですが、あまりにも気になった曲があったので聞いてみたら「えっ、フラカンの深夜高速知らないの!?」と言われた。
とにかく歌詞にインパクトがあり、熱い曲だった。
深夜高速という曲は2004年にフラワーカンパニーズがリリースした曲です。
実際はそれ以前からライブ会場限定でCDを手売りしていたのだが、関係者から「この売り方はもったいない」との意見が出て全国リリースに至った。
Wikipediaに載ってた情報ですが。
それだけ聴いた人を虜にする曲なんですが、フラワーカンパニーズのことはこの曲以外全然知らない。
変態要素のない綺麗な銀杏BOYZだと思ってる。
取り急ぎベストアルバムを聴きながらキーボード叩いて記事を書いている次第です。


今回はフラワーカンパニーズというより、深夜高速という曲について取り上げたいのですが、文字を読んでも分からないと思うのでまずは聴いてください。



深夜高速 (2009)



熱い。熱すぎる。
サビの「生きててよかった」というインパクトが非常に強い。
曲自体は泣きのバラードなのだが、ボーカル鈴木圭介の力強い歌が落ち込んでいる自分の背中を押してくれる。

先に光が見えないような人生を、深夜に車で高速道路を走っている状況になぞらえている。
大人になってバンド活動を続けてきたフラワーカンパニーズ、1989年のメンバーが20歳の頃に結成して活動しているが、苦労してきた期間は長かった。
それだけにこの歌詞のメッセージ性はリアリティがある。
だが、歌詞にもある
「目的地はないんだ 帰り道も忘れたよ」
の通り、進んでも進んでも目的地に着くことはないバンド活動をひたむきに続け、引き返すこともしないと歌ったフラワーカンパニーズは結成26年にして日本武道館でのライブを実現する。


サビの「生きててよかった」の連発も、ちょっとしつこいと思ってしまうがそれは胸の奥にしまい込んでくれ。
とにかくこの曲1番の盛り上がり所なんだから。
「生きててよかった」だけ聴いていると、すごく幸せそうだなと思ってしまう。
だが、それに続くのが「そんな夜を探している」と「そんな夜はどこだ」である。
そう、1日が終わって生きててよかったと思える夜を探している。
良い1日だったと思える夜はあるが、生きててよかったと思える夜なんて人生にそう多くはないだろう。
最後には「探している」「どこだ」という言葉はなくなり、「生きててよかった」のみのサビとなる。
これはとうとう生きててよかったと思える夜を見つけたとして捉えて良いのだと思う。
ちなみに、ライブでこのサビを歌う鈴木圭介の姿は見ものだ。
全身全霊を込めた全力の歌は何かを感じられずにいられない。


そんな歌詞は少しもの哀しげであり、それとは裏腹に力強い歌で大ヒットした深夜高速。
リリースから10年以上が経っているが、節目で再録されたものも発売されている。



深夜高速~25th Annivarsary Ver.~



フラワーカンパニーズ25周年バージョンとして曲のアレンジが加わっている。
ストリングスが入っており、オリジナルに比べるとバラード感が強くなっている。
MVもメンバーそれぞれが遺影を持ち過去のホームビデオの映像を使うことで、「生きててよかった」という歌詞を引き立たせています。
ちなみに1番最初に載せたMVは通称血糊バージョンというもので、ライブ中に鈴木圭介が怪我をして流血したものを再現したものです。
ホラーかよ。



また、この深夜高速だけを1枚にまとめた「深夜高速~フラカン結成25周年記念全曲集~」というものもiTunes限定で発売しています。


オリジナルと25周年バージョン、2009年に発売されたアルバムのバージョンにアコースティックバージョン、あとはライブ音源が2曲と、全6曲すべて深夜高速のみという狂気の沙汰。
もはや深夜高速商法とも言える。



そして13組のアーティストによって深夜高速のみをカバーしたトリビュートアルバム「深夜高速 -生きててよかったの集い-」もリリースされています。
1曲をフューチャーしてトリビュートアルバムを作るというのも珍しい試みである。
個人的に好きなのはGO!GO!7188のカバー。
女性ボーカルという新鮮さとGO!GO!7188らしいアレンジが加わってまた一味違う。


「深夜高速」という曲がどれほど偉大か分かってもらえたでしょうか。
この曲を知らないまま生きていくのは勿体無いと言い切れます。
時々無性に聴きたくなったりするんで。
イケメンバンドであったり、女々しい歌詞の曲、小綺麗な当たり障りのない曲であったりも良いですが、おじさんバンドの本気の歌にも耳を向けてみるのもいいのではないでしょうか。

深夜高速 [ フラワーカンパニーズ ]

価格:1,234円
(2018/9/12 03:04時点)
感想(0件)




フラカン入門 [ フラワーカンパニーズ ]

価格:2,880円
(2018/9/12 03:05時点)
感想(2件)




深夜高速 -生きててよかったの集いー [ (オムニバス) ]

価格:2,952円
(2018/9/12 03:05時点)
感想(2件)





音楽ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

( 2018/09/12 03:14 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)

クリエイティブな仕事をしている人に捧げるマンガ「左ききのエレン」。 

クリエイティブな仕事をしていると、どうしても色んな壁にぶち当たります。
知識であったり、技術であったり、経験であったり、はたまた才能であったり。
かくいう自分は世間で言う音響屋、良く聞く言い方だとPAさんなのですが、音という目に見えない作品を客席に届けるという意味でクリエイティブに近い職だと思っています。
そんな仕事をしている人たちには、現在ジャンプ+で連載中の「左ききのエレン」を読んでもらいたいです。
心に来る名言が次々と出てきて、考えさせられます。

左ききのエレン

左ききのエレン 1 (ジャンプコミックス) [ nifuni ]






「天才になれなかったすべての人へーー。」
のキャッチコピーから始まるこのマンガ。
ストーリーを通して天才と凡才の苦悩が描かれています。

簡単なあらすじとしては、「凡才」でありながら大口を叩きデザイナーになりたいという夢に突き進む朝倉光一と、「天才」であるが過去に悲しい出来事があり絵を描くことを拒否し続ける山岸エレンが高校時代に出会うことから話が始まります。
数年後、朝倉光一は夢であった広告代理店のデザイナーになるが、自分の思い描いていた「特別」になれず苦悩しながらも成長していく姿が。
一方、山岸エレンは謎の画家として世界に名を轟かせ、その才能を認めさせるまでの存在に。




このマンガの良さとして、先にも言いましたが心に刺さる名言が数多く出てきます。
その中の一つとして気に入っているのが、


「クソみたいな日にいいもん作るのがプロだ」


は、クリエイティブな仕事をしていなくとも、すべてに通ずる精神だと思います。
全てが最良の条件で仕事が出来る日なんてのはいくら待っていても来ず、どんな悪条件でも顧客を満足させる物を作る、これぞプロ。
改めて言われると仕事に対してのモチベーションが上がります。
元々、広告代理店で働いていた作者かっぴー氏だからこそ出て来るセリフですね。
その他にも「はじまったら、はじまった時にわかるよ」「オレは…オレの事ばっかりだ…」などなど、考えさせられる名言が盛りだくさんです。




このマンガ、先に連載中と書きましたが実は完結しています。
は?何言ってんだ?
現在ジャンプ+で連載中なのはリメイク版であり、原作版はすでに最終回を迎えています。
自分はリメイク版を毎週読み進めており、この先のストーリーが気になって原作版を購入しようか…と悩んで踏みとどまっています。
なんか意地ですかね、読んでるリメイク版が完結するまで原作版には手を出したくないっていう。
とはいえ、そんなのは個人の自由なので左ききのエレンの結末を知りたい方は手っ取り早く原作版を購入されるのをおすすめします。



才能がテーマであり、そして絵・デザイナーが話の軸となってこのマンガは、クリエイティブな仕事をしている人には心に刺さるシーンが多くあるのではないでしょうか?
個人的にはバンドマンに読んでもらって心を入れ替えて欲しい。
お前ら何になりたいんだって。
リメイク版は現在4巻まで発売されており、ジャンプ+では無料で連載中。
興味のある方は是非読んでもらいたいマンガの1つです。



左ききのエレン 1 (ジャンプコミックス) [ nifuni ]

価格:432円
(2018/9/9 00:35時点)
感想(0件)



左ききのエレン 2 (ジャンプコミックス) [ nifuni ]

価格:432円
(2018/9/9 00:35時点)
感想(0件)






音楽ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
( 2018/09/09 00:41 ) Category コラム | TB(0) | CM(0)


成長因子育毛剤