FC2ブログ

ビレッジマンズストアのニューアルバム「YOURS」が予想以上に良作だったので 

赤いスーツを身に纏い、ステージから客席へ前のめりになりながら全身全霊のライブをする名古屋のロックンロール暴れ馬ことビレッジマンズストア。
2018年8月22日にリリースされたアルバム「YOURS」がサブスクリプション配信開始したので聴いてみたのですが、前作に比べてさらに研ぎ澄まされている。



尖った曲はより鋭くなり、泣きの曲はより深みが増している。
ビレッジマンズストアの持ち味である骨太のロックサウンドに水野ギイから放たれる唯一無二のボイス。
正直、カリスマ性に溢れるこの声質は初めて聴いた時に衝撃を受けた。
その上でTwitterでのつぶやきは変人感満載。
ロックしてる人って頭のネジがあれなんだなと思わざるを得ない。
そんなビレッジマンズストアの「YOURS」は、再生時間たった35分のアルバムだがそんじょそこらのバンドと濃密度が違う。





トラップ




この曲は2017年にシングルで発売されていたもの。
ビレッジマンズ節が炸裂の攻撃的で激しいロックナンバー。
とにかくギターがいい味を出してる。
至る所で飛び道具として入ってくるギターが荒々しさを増している。
そしてギターに負けぬ水野ギイの力強いボーカル。

あと、ビレッジマンズストアって歌詞が独特なんですよね。
単語の一つひとつが文学的であり、文章になれば攻撃的。
この点も夢中になってしまう要素の一つであると感じる。

兎にも角にも、この「トラップ」は、現在のビレッジマンズストアを1発で理解してもらえる、まさに象徴とも言える1曲である。




すれちがいのワンダー


暴れるだけしか能がない訳ではなく、切ない曲も心にグッとくるメロディと歌詞。
誰かへ向けたさよならの曲なのだが、ただのバラードとは感じられない。
他の曲と比べれば優しい歌い方をしているが、そんな中でも裏に見え隠れするパワフルさが曲の良さを引き立てている。
楽器隊もそれなりに激しく演奏しているにも関わらず、一切その感じをさせない。



正しい夜明け


アルバムを締めくくるラストのナンバー。
前作のアルバムタイトルをそのまま曲名に、さらに最後に持ってくるのも味がある。
こちらも大人しめなイントロから始まるが、Bメロから突如激しさを増す。
無味乾燥な仕事をこなしつつ、ステージ上ではその鬱憤を晴らすバンドマンを謳っているように感じるこの曲。

冒頭の歌詞で

簡単だよ 今日の仕事は
バグを数えて紙に線を引く
「ああどうして縦と横でしか描かれない」
と斜に構えちゃうんだな


とあるように数を数える際に使われる「正」の字が、タイトルである「正しい」と掛かっている。
この曲は「夜明け方の正解」という意味ではなく、黙々とバグを数えながら「正」を書き続けることで明ける夜をこの曲では歌っている。




あとは水野ギイのイケメン度。
こんなに歌が上手くてロックで暴れまくってるのに、甘いマスクのイケメンとかギャップが大きすぎて困惑する。
それでいてTwitterではパンチの効いた発言するもんだから非の打ち所がない。
人生やり直せるなら水野ギイとして生まれ変わりたいです神様。

正直、昔は赤いスーツを着たイロモノバンドだと思っていた自分が恥ずかしい。
こんなにロックなバンドはそうそう存在しない。
今作の良さを語ったが、過去作もライブでは外せない曲が目白押しの良作である。
着実にその人気を全国へと広げ、これから目が離せないバンドの1つであることは間違いない。




音楽ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
( 2018/09/04 21:49 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)

解散したバンドの名曲を集める墓場〜メロコア編〜 

この世の中に解散してしまったバンドは星の数ほどあります。
家庭の事情、音楽性の違い、バンド内恋愛など理由は様々。
人生をかけてバンド活動をしていても、夢半ばで散ってゆくのがほとんどです。
将来を考え始めたら不安になり、バンドを辞めて即就職をする選択も分からんでもない。


そんなバンドが残していった音源、MVがネットの海には数多く残っています。
今回はそれをサルベージしていこうと思います。
解散してしまったのでもう二度とライブを見ることが出来ないものばかりですが、名曲はたくさん残されています。



blue/PipeCut Wedding


名古屋を拠点に活動してした3ピースメロコアバンド。
泣く子も黙るTHE NINTH APOLLOに所属。
ミニアルバムのリリースツアーを最後に2012年12月に解散。
メロコアを基軸としたスピード感に切ないメロディが際立つ楽曲です。

名古屋バンドと言えば04 Limited Sazabyz、BACK LIFT、THREE LIGHTS DOWN KINGS、ENTHが大活躍していますが、これらのバンドに連ねてPipeCut Weddingも名古屋を引っ張っていく存在でした。
当時は名古屋に住んでいたのですが、名古屋メロコアがめちゃめちゃ熱い時代でした。



My last word/Neo slash


大阪発の3ピースメロディックパンクバンド。
Kick Rock MUSIC所属。
2010年に2ndフルアルバムをリリースするも2011年に解散。
キャッチーなサビのメロディが耳に残り易い曲です。
いわゆる美メロのメロコア火付け役として名高いバンドです。



Butterfly/Baby smoker


大阪出身の3ピースメロディックパンクバンド。
TIGHT RECORDS所属。
レーベルから"西日本最速"のキャッチコピーを授けられただけあって、その持ち味は爽快なスピード感。
解散年月日は不明だが、そのスピード感とメロディアスな楽曲は解散するには惜しいバンドでした。



just keep singing along/NOB


1999年結成の3ピースメロコアバンド。
TIGHT RECORDS所属。
2004年の1stアルバムのツアー移動中に停車中の車に追突。
この事故でボーカルの鎌田真輔さんが逝去したため、バンドは活動休止、実質的な解散に。
Hawaiian6やlocofrankと共にメロコアシーンを牽引していたバンドであり、1stアルバムは業界でも期待されていた最中での不慮の事故でした。
ちなみに、Hawaiian6の「I BELIEVE」は亡き鎌田さんへの思いを歌った曲となっていますので、興味のある方は歌詞の和訳と合わせて聴いてもらえればと思います。

NOBについて調べていたら、公式HPが更新されていることに気が付いた。
過去のライブフォトなどが公開されているので、ぜひ足を運んでもらいたい。
http://nob.deca.jp/





00年代〜10年代にかけてのメロコアがまじで熱かった。
紹介した4バンド以外にも素晴らしいバンドはまだ数多く存在していました。
解散してしまいましたが、名曲は確かにそこにあり、今だに聴くことができるのでYoutube等探ってみてください。
今回の記事を書くに辺り、久しぶりに「Myspace」や「audioleaf」のサイト名を見て懐かしさに震えた。
当時はこれらのサイトで楽曲を投稿して視聴できるようにするのがトレンドだったので、随分お世話になった。

現在も勢いのあるバンドはたくさんいるが、たまには過去に目を(耳を)向けて新しい発見をしてもらえればと。



音楽ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
( 2018/09/02 01:04 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)