FC2ブログ

リハーサルスタジオで働いていた時に重宝したドラムのチューニングキー「ROBOKEY ( ロボキー ) / ROBOKEY 4X」 

ドラマーなら誰でも持っているチューニングキー。
楽器屋に行けば500円程度から買えたりするので、失くしてもあんまり気にしない人も多いですよね。
そもそもチューニングキーとは何だ?という方に説明すると、ドラムの打面であるヘッドをフープとシェルの間に挟み、それを固定するボルトを締めたり緩めたりする為に使う道具がチューニングキーです。
日常生活でいうとドライバーのようなもの。
構造上、ボルトの締め具合でヘッドのテンションが変化するので、その張り具合によって叩いた時の音程が変わります。
ドラムの構造については世界のYAMAHAが解説しているサイトがあるので、こちらを参照していただければと。



PEARL ( パール ) / K080
PEARL ( パール ) / K080

バンドをやっていればドラマー以外は使いませんし、持つ必要もないものです。
自分もバンドをやっていましたが、ギターだったので触ったこともありませんでした。
なんなら今も昔もドラムは全然叩けません。
手足が一緒になっちゃってぐちゃぐちゃになるタイプ。


しかし、PAやレコーディングエンジニア、はたまたリハーサルスタジオであったりと音楽の裏方業界で働くとなれば話は別。
いざという場合に無いと困るのがチューニングキー。
何度チューニングキーに命を救われたことか。


さてさて、何故今回はチューニングキーの話なのか。
僕は音響会社でありながらリハーサルスタジオも併設で経営する会社で働いていたことがあったのですが、その時に知ったチューニングキーが画期的だったんです。
ROBOKEY ( ロボキー )のROBOKEY 4Xという商品なんですが、まずこいつは通常の4倍早くボルトを回転させることが出来ます。

ROBOKEY ( ロボキー ) / ROBOKEY 4X
ROBOKEY ( ロボキー ) / ROBOKEY 4X


赤い彗星のシャ○でも3倍なのに…4倍だと…!?
画像だと緑の羽のような部分と黒い箇所を逆方向に回すことで通常に比べて4倍の速さを得ることが出来ます。
本当に速い。
気持ち良いくらい回ってくれる。
本体にスイッチが付いており、締める方向への4倍速回転、緩める方向への4倍速回転、4倍速回転無し、という3つのモードに切り替えることが出来ます。


こいつの本領が発揮されたのは、リハーサルスタジオでの勤務でした。
営業していればお客さんがやって来て、ドラムを叩けばもちろんヘッドは消耗していきます。
ヘッドは叩かれれば叩かれるほどヘタってきてしまい、気持ちの良い音が鳴らなくなります。
なので定期的に交換が必要でしたし、場合によっては利用していたお客さんが破ってしまう時もあります。
そんな時にROBOKEY 4Xを使うととても楽になるんですよね。
当時いたリハーサルスタジオは半年に1回で全スタジオ4台分のドラムをすべて張り替えていたのですが、これを使う前と後では時間効率が段違い。
だって4倍の速さだもの。


もう一点重宝したポイントは、締め上げている際にある一定のトルクで回らなくなること。
何故そのことが重要なのかというと、すべてのボルトが同じテンションになるのでチューニングが非常に楽になった。
手で回しながら感覚で締め具合を感じ取りながら…なんて技術を持ち合わせていない素人からすると、この存在はかなり大きい。
スタジオを利用されればお客さんもチューニングをします。
なので営業終了後にはお客さんが各々のチューニングをしてバラバラになっているので、翌日の営業にはすべてデフォルト状態へ戻す必要があります。
この機能を使えばデフォルトを定めやすいです。

自分がやっていた方法としては、まずトップもボトムもこいつですべて締め直す。
そこからフロアタムで低音を作り、ロータム、ハイタム、スネアと音階になるように調整していきます。
正確なチューニングの仕方とは言えませんが、この方法で全スタジオのドラムを近い状態にすることでスタジオとしてのメンテナンスを素早く行うことが出来ます。


あとは大きくて目立つ色なので失くしにくいこと。
チューニングキーは結構失くすことも多いし、失くしても安いからまた買えば良いやって精神の人が多いので、スタジオの忘れ物には大量のチューニングキーが溜まっています。
ただ、持ち歩くにはちょっと大きすぎるのが難点。



こんな感じで、リハーサルスタジオで働く人には必須だとも言えるROBOKEY 4X。
時間効率が段違いで早くなります。
価格もお手頃なので、導入するのも難しくはないはず。
是非とも4倍速の回転スピードを体感して欲しい。
まじで気持ち良いから。



ROBOKEY ( ロボキー ) / ROBOKEY 4X
ROBOKEY ( ロボキー ) / ROBOKEY 4X


EVANS ( エバンス ) / DATK Torque Key
EVANS ( エバンス ) / DATK Torque Key



音楽ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
( 2018/09/28 03:05 ) Category PA/音響/楽器 | TB(0) | CM(0)

ハロウィンの曲といったらMARILYN MANSONの「This is Halloween」だろ。 

もうすぐハロウィンの季節ですね。
今年のコスプレ衣装は決まりましたか?
ゾンビメイクの用意はしましたか?
渋谷に置いていくゴミの選定は済みましたか?
女性は露出多めのコスプレをしてどんどんTwitterへ投稿してください。
毎年楽しみにしているので。


そんなお祭り騒ぎ、どんちゃん騒ぎな一大イベント。
ハロウィンってそういうものじゃないとは思っていますが、まぁ楽しんでいるならいいんじゃないですかね。
僕の中のハロウィンといえば、ディズニー映画「The Nightmare Before Christmas/ナイトメア・ビフォア・クリスマス」なんですよね。

ナイトメア・ビフォア・クリスマス

この映画が好きで好きでしょうがなくて、いい歳した成人男性がジャックのスマホケースを使ってしまうくらい楽しい作品。
キャラクターデザイン、世界観、ストーリー、楽曲どれをとっても、さすがディズニーとしか言うしかない完成度。




This Is Halloween



この劇中に「This Is Halloween」という曲があるのですが、それがまたハロウィンの雰囲気をよく表現していて好きなんです。
色んなおばけがおどろおどろしい感じでハロウィンタウンへようこそって歌うんですよ。
お邪魔します。



そんなファミリー映画の名曲を、ロック界の生ける悪魔MARILYN MANSONがカバーをしたものが世に流通しているのです。
想像しただけでも恐ろしい。
片手にチェーンソーを、口には鶏の死骸を咥えた大男が出迎えそうなハロウィンタウンになんて絶対に踏み入れたくない、血を見ることは確実だ。
だが、出回ってしまっているものはしょうがない。




なんという名カバー。
原曲の雰囲気を壊さず、MARILYN MANSONらしいロック要素が加わった、また新しい「This Is Halloween」である。
Fu○k Youばかり言ってるだけがMARILYN MANSONだと思ったら大間違いだ。


そもそもこのカバー曲がリリースされたのが2008年なので知っている方も多いことだろう。
映画の公開は1993年だとよ。
今の若い人だとストップ・モーションアニメとか知らないよね。
ピングーとかさ、面白かったよね。
話が外れたけど、僕の中ではハロウィンといえばこの曲なんですよ。
腹に低音がズンズン来るEDMとかサイケデリックじゃなくて。
しっかりとハロウィンを題材としたロック調のこのカバーを、10月31日に耳に出来るような音楽シーンになることを期待しつつ、ハロウィン当日は家に引きこもろうと思います。



音楽ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
( 2018/09/27 09:04 ) Category 洋楽 | TB(0) | CM(0)

今のうちに知っておいた方が良い、Cö shu Nie 

アニメの東京喰種で楽しみなのは、石田スイ先生がOPとEDでどんなバンドが抜擢するのか。
「TK from 凛として時雨」であったり、「amazarashi」だったりと、かなりの音楽通であることを匂わせるスイ先生。
元the Cabsである高橋國光のソロ名義「österreich」がこうして再び表舞台に出てきた奇跡の立役者。
(別記事 the Cabsはこちら、österreichはこちら。)
一生のお願いを使って1回でいいから、スイ先生と飲み交わしたい。
そして音楽と東京喰種の話を聴きたい。
あわよくばサインとか欲しい。


そんなバンド好きとしてはワクワクせざるを得ない、アニメ 東京喰種のOP&ED。
東京喰種:re第1期のOP担当が発表された時、全く知らないバンドが発表された。
それが「Cö shu Nie」である。

Cö shu Nie
「声の表情で魅せる切ない女性ボーカルと、繊細でカオスなバンドサウンド。
シーケンスで華やかに彩る独創的な世界観で、ロックもポップも越えて、軽やかに行進するバンド・Cö shu Nie(コシュニエ)。」(公式HPより)


調べてみると、当時全くの無名という訳ではなかった。
2011年、大阪にて結成。
活動期間も若手バンドの中ではベテランな部類である。
オーディションを1位で通過したり、入賞したりと確実に知名度を上げていた。
そんな中で東京喰種の大抜擢である。
そりゃもうSony Musicも付きますよ。
というかスイ先生はよく見つけてくるなと感心してしまう。


東京喰種:reのOPで使用された楽曲は「asphyxia」で、それこそ石田スイ御大と打ち合わせを行って制作されたとのこと。


asphyxia



圧倒的カオティックジャパニーズポップ。
変拍子に次ぐ変拍子、静寂と喧騒の入り乱れが素晴らしい。
楽器構成も基本的なギター、ベース、ドラムに加えてキーボード、マニピュレーションと音数の多さも楽曲の幅を広げている。
ボーカル中村未来の可愛らしくも切ない歌声が耳から離れない。

歌詞も東京喰種になぞらえた、強いて言うならば主人公である金木研が喰種と人間、2つの世界の狭間で踠き苦しみながら生きる心情を歌っているように感じる。
終盤の「笑える」という詞は、すべての元凶である神代リゼを彷彿とさせる。


OP担当として100点満点の楽曲を持ってきたCö shu Nie。
この曲だけに全力を注いだかと思えば、カップリングもバッチリ良曲。



最終列車





過去作はサブスクリプション配信されておらず(恐らく自主制作のため)、Amazonで購入が出来る。
このシングル以前はもっとポップ寄りで、また違った一面を聴くことが出来る。
そんなCö shu Nie、10/24にEP「Aurora」をリリースすることが決定している。
伴ってリリースツアーを東名阪ワンマンライブで開催する。
かなり強気な売り出し方。
それだけファン、レーベルの期待値が高いということなのだと思う。
近々来るであろうCö shu Nieのブレイクに乗り遅れないよう、今のうちからチェックしておくのはいかがだろうか。






音楽ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
( 2018/09/27 07:37 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)

坂本龍一の「energy flow」がリリースから20年の時を経てMV公開。 

日本が誇る作曲家である坂本龍一を知らぬ人はいないだろう。
「Merry Christmas Mr. Lawrence」を始めとし、数々の曲がメディアで使われ、耳にしている。
そう、自分が知っている坂本龍一は以上だ。


え?
名前は知ってるよ。
でも曲を深く聴いたことがない。
なんというか、高級料亭のような敷居の高さを感じていて手が出せずにいる。
聴けば、あぁーってなる曲は多いはずだ。
あとは矢野顕子の元夫、坂本美雨の父ってことくらい。



そんな坂本龍一ど素人の僕でも「energy flow」くらいは知っている。
1999年にリリースされたこの曲。
20代中盤以上の方なら一度は耳にしているはず。
というか、CMで流れまくってたから。
CMが話題となり、この曲が収録されたシングル「ウラBTTB」はミリオンセラー。
CM効果でCDのセールスに影響するなんて、いい時代でしたね。



そんな「energy flow」ですが、約20年の時を経てMVが公開されました。
ってか作られてなかったのかよという驚き。
今回「BTTB」の20周年を記念しての公開とのこと。



energy flow



元々暗い曲だが、それに合わせたモノクロの映像であったり、もの哀しげなシーンが非常にマッチしている。
この作品はNYを拠点とするクリエイター・チーム、Zakkubalanが制作したもの。
今回のMVのコメントとして坂本龍一は
「エナジーフローという曲は、映像をつけるのが実は難しい曲だ。
今回、Zakkubalanさんたちは苦労してよくやってくれたと思う。
うっすらと、故郷を離れ、また帰ってくるというようなストーリーが受け取れる。」
と述べている。
車で道路を走るシーンや、船から海や山の景色を見るシーンは旅路を連想されられる。
ただただ暗い作品という訳ではなく、これから先への希望も見て取れる前向きな作品だ。



こんなファンとも言えない男が何を綴っても説得力はないが、20年という年月に感銘を受けてしまった。
まだまだ敷居は高いと感じてしまっているが、この機会にでも超えないとならないと思う。
とはいえ坂本龍一作品の中で、もちろん好きな曲はある。
今回はそれを紹介して締めにしようとする。



The Other Side of Love



「featuring Sister M」とは、娘である坂本美雨をボーカリストとして迎えてリリースされたこの曲。
同時に坂本美雨のデビュー曲でもある。
触ると壊れてしまいそうな、そんな危うさとも言える繊細な旋律がとても美しい。
ドラマの主題歌としても起用されたので、知っている人も多いはず。
坂本美雨っていいですよね、なんか手の届きそうな可愛さが。
the HiatusのThe Afterglow Tourに参加してるのを見て一目惚れした、人妻だけど。


こんな坂本龍一ど素人の自分ですが聴いたことのある曲は多い。
名曲製造機である坂本龍一を知るいいきっかけだと思うので、普段聴かない音楽にも手を出してみるのも良いかと。





音楽ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
( 2018/09/23 23:44 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)

【PA機材レビュー】手軽に使える2.4GHzデジタルワイヤレスマイクLINE6/XD-V75 

カラオケであったり、会議室であったりと音響機器のマイクとなるとワイヤレスの物が身近にありふれた存在となっています。
むしろカラオケに行って有線マイクだったりするとテンション下がりますよね。
そういったこともあって、マイク=ワイヤレスというイメージを持っている方が多くいらっしゃいます。


ですが、ワイヤレスマイクの導入費用は基本的に高額です。
ライブ/コンサートや大きなイベントで使われるプロ仕様のものはワイヤレスマイクとレシーバー一式で100万円以上は平気で超えてきます。
また、ワイヤレスということはもちろん無線で音声信号を送っています。
その無線というのも、周囲には携帯電話やWi-Fi、テレビやラジオ等々のあらゆるものが飛び交っています。
現在は電波の住み分けがされており、それを守ることで安全に運用が出来るようになっています。
ワイヤレスマイクによっては、免許を取得し、申請を出さなければ使用できない種類のものもあります。
まあそれもだいたいはプロ仕様ですが。



そんな高額で面倒臭い電波の知識も必要になるワイヤレスマイクですが、LINE6のXD-V75が一発で解決してくれます。

LINE6 ( ライン6 ) / XD-V75 Handheld


値段はワイヤレスマイクとしてはかなり安価ですが、性能も十分。
10Hz〜20KHzの周波数特性を持ち、マイクモデリングとしてSHUREのSM58を含む全9種類を搭載。
ライブのボーカルにも耐えられるダイナミックレンジと、丈夫でハンドリングノイズを軽減する金属ボディ。
本機は2.4GHz帯の電波を使用したワイヤレスマイクで、免許不要で使用できます。
最大14波まで同時運用可能であり、周囲の電波状況をスキャンすることで使用可能なチャンネルを簡単に設定することが出来ます。
通信到達距離も90mと、広い会場での使用にも対応できます。


レシーバーもフロントパネルがLEDバックライトを搭載しているので、暗い場所での視認性も抜群。
RF、バッテリー、シグナルのメーターが表示されているので、リアルタイムでの使用状況が確認できます。
操作はジョグスイッチを回す、押すだけ。
分かりやすいメニュー画面で設定も簡単です。


正直、この価格帯でこの性能は他では太刀打ち出来ないです。
音質もクリアで、低音から高音まで違和感なく収音されます。
別売りのアンテナディストリビューター、パドルアンテナを使用すればラックでの複数運用も楽になります。

LINE6 ( ライン6 ) / XD-AD8

LINE6 ( ライン6 ) / XD-AD8
LINE6 ( ライン6 ) / P360 Paddle Antenna


とはいえ、もちろんデメリットもあります。
1番気になる点としては2.4GHz帯のワイヤレスマイクであること。
免許不要で使用できる気軽さが売りではあるものの、その反面では安全に運用するには知識が必要となってきます。
2.4GHzの電波というとWi-Fiが思い浮かばないでしょうか?
同じ周波数帯を使用しているため、ショッピングモール等のWi-Fiが飛び交う場所では使用が厳しくなってきます。
実体験としては、ショッピングモールでチャンネルスキャンをしたらすべて使用不可という結果が表示されて現場で使い物にならなかったことがあります。
なので、そのような場所では同じく免許不要で使用できるB帯(800MHz帯)を持っていく等の対策が必要です。

また周波数が他に比べると高いことにより、回折しにくいことにより回り込みが弱く、障害物があるとすぐに電波が途切れてしまいます。
こちらはワイヤレスマイクとレシーバーを直線上で見通しの良い状態を作ってあげることで対応出来ます。
ステージの袖に置くことが出来れば問題は発生しにくいです。

小さなこととしては、万が一故障して修理をしたい場合はメーカーに修理を依頼しますが、輸入代理店であるYAMAHAの対応は素早くはないです。
故障状況にもよりますが、しばらくの稼働は出来ないと考えた方がいいと思います。
とはいえ、これは数年前に思った感想であるので、現在は改善されているかもしれないので参考程度にしてもらえればと思います。



とはいえ、このXD-V75での不満である点は2.4GHz帯であること。
他の2.4GHz帯ワイヤレスマイクでも同じことが言えます。
マイクとしての性能は高く、免許不要で取り回しも抜群、コスパ良しと文句の付け所がありません。
アイドルのライブで複数のワイヤレスマイクを使用したい、用意しなければならない場合でも複数運用が可能なので問題はありません。
気軽にワイヤレスマイクを導入したいという方には最適な機材だと思います。

サウンドハウス

LINE6 ( ライン6 ) / XD-V75 Handheld
LINE6 ( ライン6 ) / XD-V75 Handheld

LINE6 ( ライン6 ) / XD-AD8
LINE6 ( ライン6 ) / XD-AD8

LINE6 ( ライン6 ) / P360 Paddle Antenna
LINE6 ( ライン6 ) / P360 Paddle Antenna



音楽ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
( 2018/09/21 04:27 ) Category PA/音響/楽器 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

六兵衛

Author:六兵衛
音楽好きをこじらせてPA/音響やっています。
記事の内容は
・邦楽、洋楽の紹介/レビュー
・PAについての話
がメインです。

検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング


成長因子育毛剤