FC2ブログ

【音響機材】プロフェッショナル仕様のインイヤー型イヤホン SONY ( ソニー ) / MDR-EX800ST 

各社メーカーから発売されているイヤホンは数千円で購入できる安物から何十万円とする高級品まで幅広くラインナップを揃えています。
イヤホンを購入するか選ぶポイントとしては「装着感」と「音質」が鍵になってくる訳ですが、じゃあどれを選べば良いの?という数が家電販売店のイヤホンコーナーには並んでいます。
もちろん高級イヤホンは高級なりの良さがありますが、いきなり高いものを買うには勇気が必要ですし本当に値段相応の性能を持ち合わせているかも心配ですよね。


そんな「装着感」「音質」「コストパフォーマンス」を兼ね揃えたイヤホンが安心安全のメーカーから発売されています!
ライブ、レコーディング現場で長年プロから愛用されているヘッドホンSONY / MDR-CD900STと同シリーズであるプロフェッショナル仕様のインイヤー型イヤホンSONY / MDR-EX800STがおすすめです。

SONY ( ソニー ) / MDR-EX800ST プロフェッショナルイヤホン
SONY ( ソニー ) / MDR-EX800ST プロフェッショナルイヤホン


ソニーとソニー・ミュージックスタジオが共同で開発したMDR-EX800STは精緻な手作業による厳密な音質調整をし、音響特性の個体差を少なく仕上げています。
MDR-CD900STと同様に音質はフラットで自然な周波数特性を実現しており、分解能が優れているので音のひとつ一つがはっきり捉えられモニタリングとして非常に適しています。
インイヤー型(カナル型)であるので密閉性に優れる上に、長時間装着していても疲れず痛くならない耳の形に合わせて形状が調整できるフレキシブルイヤーハンガーを採用しており装着性も抜群です。
ワイヤレスインイヤーモニター(IEM)での使用も期待できる効果を発揮します。
もちろんパーツ毎の交換も可能で長期間の使用、耐久力を持ち合わせています。

ステージユースのために開発されたMDR-EX800STですが、普段使いとしてもコストパフォーマンス優秀な逸品です。
フラットな音響特性であるがゆえの味付けをされていない音を高解像度で楽しめるイヤホンも実は少なかったりします。
決して安い価格ではないですが、ここまでの高性能でありながらこの価格帯で留まっていることが不思議でなりません。


ここからは使用した個人の感想です。
ライブ現場では長年ヘッドホン SONY / MDR-CD900STを使用しており、近い音質のインイヤー型イヤホンを探していたところで辿り着いたのですが、さすがSONYと言ったところです。
耳型をとって作成されるオーダーメイド品ではなく、パーツの替えが効きやすい点も選んだポイントのひとつです。
ヘッドホンに比べると密閉性が高いためか低音が増して聞こえますが、むしろモニタリングするにはこちらのほうがより原音に近いように思います。
ただただヘッドホンのドライバーがへたっている可能性もありますが…
体一つでオペレートをしにいく際にヘッドホンでは大きいのでコンパクトなMDR-EX800STを購入したのですが、以前と変わらぬ感覚でオペレートに集中できています。
長時間装着していても気にならず、時にはイヤホンを装着していることを忘れてしまう心地よさです。

しょうがないことではあるのですが、プラグは3.5mmミニステレオとなっているのでミキサーへ接続する際は6.3mm標準ステレオプラグに変換する必要があります。
また、コード長は1.6mなのでミキサーのフォンアウトの位置によっては長さが足りない…という場面もあります。
僕はプラグ変換と0.9m延長コードをイヤホンと同じケースに収納して対応できるようにしています。


インイヤー型のイヤホンといえばSHUREのSEシリーズが有名ですが、長年培ったSONYの技術が詰め込まれたMDR-EX800STも非常に高性能な逸品です。
プロフェッショナル仕様ということで外装に余計なデザインが一切入っておらず真っ白なパッケージというのもなかなかグッとくるポイントです。


<仕様>
・プロフェッショナル・インイヤーモニター
・カナル型イヤホン
・形式:密閉ダイナミック型
・ドライバーユニット:16mm、ドーム型(CCAW採用)
・最大入力:500mW
・インピーダンス:16Ω
・音圧感度:108dB/mW
・再生周波数帯域:3~28,000Hz
・コード長:約1.6m リッツ線 Y型コード
・プラグ:金メッキL型ステレオミニプラグ
・質量:約7g(コード含まず)
・付属品:イヤーピース(S、M、L各2)、キャリングケース、取扱い説明書
※完全にプロフェッショナル商品の為、保証は初期不良のみの対応となります。



SONY ( ソニー ) / MDR-CD900ST 密閉型スタジオモニターヘッドホン


SHURE ( シュアー ) / HPAQA1
SHURE ( シュアー ) / HPAQA1

SHURE ( シュアー ) / EAC9BK
SHURE ( シュアー ) / EAC9BK

サウンドハウス
( 2020/02/28 02:55 ) Category PA/音響/楽器 | TB(0) | CM(0)

【音響機材】高音の抜けの良い定番楽器マイク SHURE(シュアー)/BETA57A 

楽器用マイクの大定番といえばSHURE(シュアー)/SM57であるが、BETAシリーズのBETA57Aも楽器用として素晴らしい性能を持つマイクのひとつ。

SHURE ( シュアー ) / BETA57A ダイナミックマイク
SHURE ( シュアー ) / BETA57A ダイナミックマイク

SM57と何が違うの?と思われるだろう。
大きく違う点としては、
・高音の抜けが良い
・狙った楽器の音を収音しやすい
の2点があげられる。

まず「高音の抜けが良い」については、収音時の周波数特性に違いがある。
SM57よりも低音がロールオフされており、高音が強調され輪郭のはっきりした音を収音できる。
ドラムのスネアやギターアンプに使えばその効果は歴然で、よりクリアで綺麗に音を拾える。
逆に低音を必要とするドラムのバスドラムやベースアンプなどには向かないので、全ての楽器におすすめ…という訳ではないのが傷かなと…

そして「狙った楽器の音を収音しやすい」というのは、マイクの指向性特性が超単一指向性となっているからである。
マイク正面の音を拾うことに特化した超単一指向性は他の楽器音を拾ってしまう「被り」に強く、狙った音をしっかり収音することができる。

SM57でも充分な性能だが、このBETA57Aも織り交ぜて使えばより効果的なPAが可能になります。
個人的にはドラムのスネアに使うのが好きで、アタック音がはっきりするので重宝しています。

もちろんボーカルマイクとしても優秀で、使用しているアーティストも多数います。
一つ注意しないといけないのが、超単一指向性の特徴としてマイクの背面に少しだけ指向性があるので、モニタースピーカーに近付くとハウリングを起こしてしまうことがあります。

楽器用のマイクを買いたいけど、何を買ったら良いのだろう…と迷ったらSHURE(シュアー)/SM57かこのBETA57Aじゃないかと。

仕様
・ダイナミック型マイクロフォン
・超単一指向性(スーパーカーディオイド)
・周波数特性 50Hz~16kHz
・重量 275g

SHURE/BETA58Aもボーカルマイクとして定番なので、要チェックです。
SHURE ( シュアー ) / BETA58A ダイナミック マイクロフォン
SHURE ( シュアー ) / BETA58A ダイナミック マイクロフォン


SHURE ( シュアー ) / SM57 定番楽器用マイク


サウンドハウス
( 2020/02/14 01:24 ) Category PA/音響/楽器 | TB(0) | CM(0)