FC2ブログ

ロックバンド随一の良い人、デイブ・グロール(David Grohl)率いるFoo Fighters 〜前編〜 / おすすめ曲紹介 

1994年にカート・コバーン(Kurt Cobain)の自殺により解散となったNirvana。
2ndアルバムの「NEVERMIND」はグランジ史に残る名盤であり、赤ちゃんの写ったジャケットは誰もが知っているであろう。

そんなNirvanaのドラマーであるデイブ・グロール(David Grohl)。
パワフルなドラミングと人当たりの良さでNirvanaヒットの一因になった人物である。
そのデイブ・グロールがNirvana解散後に結成したFoo Fightersをご存知だろうか。

foofighters.jpg

ボーカル/ギター - デイヴ・グロール(Dave Grohl)
ギター - クリス・シフレット(Chris Shiflett)
ギター - パット・スメア(Pat Smear)
ベース - ネイト・メンデル(Nate Mendel)
ドラムス - テイラー・ホーキンス(Taylor Hawkins)
キーボード - ラミ・ジャフィー(Rami Jaffee)

カート・コバーンの死によって失意の中にいたデイブ・グロールがNirvana時代、密かに書き溜めていた曲を1人で全パートをレコーディングしたことから始まったFoo Fighters。
2018年現在ではメンバーは6名となっているが、ひょんなことから始まったソロプロジェクトが今では世界有数のロックバンドにまで大きくなっている。
Nirvanaでは華麗なドラミングを披露していたデイブ・グロールはFoo Fightersでボーカル/ギターを担当している。
1stアルバムを全パート1人で完成させる時点で類稀なるマルチな才能を持っていることが伺える。

そんなFoo Fightersの楽曲と、デイブ・グロールの人柄について紹介していきたい。
恐らく見た目のヒゲロン毛部門ではロック界No.1良い人である。



Big Me



Nirvanaの面影は一切なく、どことなくポップな感じが押し出されている1stアルバム「Foo Fighters」。
メントスならぬ「footos」を食べればオールオッケー的なノリのMV。
正直グランジサウンドを期待していた層からすれば、ガッカリする作品であろう。
しかし、カート・コバーンの死後すぐに取り掛かったこのアルバムの明るさと真っ直ぐさは常人では作り得ないであろう。
Nirvana時代に書き溜めていた曲とは言え、独力でレコーディングをし、作品として世に送り出すパワーは凄まじいものである。



Monkey Wrench



この曲は日本でも2005年にビールのCMに起用されたことで耳にしたことのある人も多いかもしれない。
冒頭に流れる気の抜けたエレベーターの音楽とは打って変わって、赤一色に塗られた部屋に黒の衣装に身を包み激しくプレイするイカしたMV。
コメディ要素もばっちり含まれており、俗に言うループもの。
2ndアルバムの「The Colour and the Shape」は1stに比べてよりロック色の強い作品となっており、この「Monkey Wrench」はそれを代表する曲だ。
前作はデイブ・グロール1人で全パートをレコーディングしたが、今作は各パートをメンバーが担当している。
特筆すべきは、ドラマーであるテイラー・ホーキンスじゃないかと思う。
非常にパワフルなドラミングであり、Foo Fightersの骨太ロックサウンドを作り上げているのは彼の存在が大きい。
世界的に有名なドラマーであるデイブ・グロールと同じバンドに在籍するプレッシャーを微塵も感じさせない素晴らしいプレイだ。
デイブ・グロールの後ろでドラムを任されるだけのことはある。



Learn To Fly



見てお分かりの通り、かなりふざけたコメディ感満載のMVである。
まさかあのNirvanaのデイブ・グロールが女装やホモのキャビンアテンダントを演じる日が来るなどと思ってもいなかった。
このMVだけではなく、他の作品もデイブ・グロールが出演し面白い仕立てとなっている。
3rdアルバム「There Is Nothing Left to Lose」に収録されているこの曲は、明るく疾走感があるロックナンバーだ。
飛行機がテーマとなっているMVから連想されるように、「Learn To Fly = 飛び方を覚える」とまるで空を飛んでいるかのような感覚になる。

ちなみに、冒頭には「スクール・オブ・ロック」の主演で知られるジャック・ブラックも出演している。
そしてジャック・ブラックは度々Foo FightersのMVに登場するので、それはまた下記で紹介したいと思う。



All My Life



4thアルバム「One by One」から、突如おふざけ要素一切なしの真面目なロックナンバーを披露してきたFoo Fighters。
観客のいないアリーナで演奏するFoo Fightersのカッコ良さしかない。
どうした、大人になってしまったのか?
大人の事情か?
突然の路線変更に色々と勘ぐってしまったが、「All My Life」という曲は少し暗い雰囲気を漂わせる大人のロックを感じさせる。
それこそ、Nirvanaのグランジサウンドを彷彿とさせる。
個人的に、このアルバムはバラエティに富んだ作品で非常に好きだ。
「All My Life」のような少し暗いながら激しいナンバーもあり、「Times Like These」のような前向きになれる曲も収録されている。



Low



先程、ついにデイブ・グロールが大人になったと書いたが、撤回だ。
同じ4thアルバムからのMVなのだが、なかなかの問題作だ。
「Learn To Fly」で登場したジャック・ブラックと2人で出演しているが、Foo Fighters史上1番ふざけたMVであろう。
いかついおじさん2人(デイブ・グロールとジャック・ブラック)がモーテルでお酒を飲みまくり、暴れ散らし、際どい格好の女装をし、楽しい一夜を過ごす様がホームビデオに収められている。
「次のMVはどんなものを撮ろうか。」と会議になっている中でこの発案を出すには相当に訓練されていないと出来ない芸当だ。
最後の方なんて泥酔して、本気でジャック・ブラック吐いてるよね?
こんな光景見せられて好きにならないはずがない。




ここまで4thアルバムまでをご紹介してきたが、いかがであっただろうか。
デイブ・グロールのユニークな人柄を分かってもらえるはずだ。
ユニークなだけではなく、誠実であることも有名な話である。
ただ面白いだけではなく、楽曲はゴリゴリのロックサウンドを鳴らしているから文句のつけようがない。
Nirvanaは知っているという方も、その続きの物語として追っていただければと思う。

さて、実はまだまだ紹介していない曲はある。
というのも、2018年時点でFoo Fightersは9枚のアルバムをリリースしている。
まだ半分にも到達していないじゃないか。
続きは後編としてまた別の機会に紹介できればと思う。

関連記事
( 2018/11/21 05:50 ) Category 洋楽 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://rokubeemusic.jp/tb.php/54-22b0b120



成長因子育毛剤