FC2ブログ

何年も待ち望んだ高橋國光と飯田瑞規の共演がついに実現。アニメ 東京喰種:reのEDを担当するösterreich(オストライヒ)が「楽園の君」のMVを公開、先行リリースも発表 

常々このブログではösterreich(オストライヒ)こと高橋國光に関した記事を書いてきています。
國光教は数年に1回程度の楽曲発表を糧として生きているといっても過言ではない。
そんな今年の大ニュースとして、アニメ 東京喰種:reのEDテーマとしてösterreichが抜擢された。
(過去の記事で歓喜している様子は「アニメ「東京喰種:re」のEDテーマに再び抜擢されたösterreich(オストライヒ)/高橋國光を振り返る」にて)


発表から約1ヶ月、待ちに待ちました。
もしかしたら…という期待もしていましたが、楽曲の初出しはアニメの放送に合わせたものとなりましたね。
そして公開された曲はまさかまさかの展開。



楽園の君



なにか聞き覚えのある歌声。
クレジットを見てみると

Vocal: 飯田瑞規 (cinema staff)
Guitar: 高橋國光
Bass: 岩久保佳秀
Drums: 山口大吾 (People In The Box)
Chorus: 鎌野 愛 (ex. ハイスイノナサ)

残響レコードのオールスターズ集結。
これには正直驚かされました。
前作までのリリースも残響レコードからだったため、the Cabsでの繋がりが切れていなくて安心したのですが、まさかここまでのメンバーを集めるとは。

ボーカルは言わずもがな、cinema staffの飯田瑞規が。
the Cabsとcinema staffは過去同じレーベルに所属し、お互いのバンドを褒め合いながら切磋琢磨し合う盟友でした。
今ではメジャーレーベルであるポニーキャニオンに移籍したcinema staffですが、その関係が今になって繋がるなんて夢にも思っていなかった。
高橋國光の曲を飯田瑞規が歌う日が来るだなんて。
もうそれだけで涙腺が緩んじゃうんですよ。

高橋國光が紡ぎ出す難解なメロディを抜群の歌唱力で歌いこなす飯田瑞規。
この組み合わせ、最強なんじゃないですか?
飯田さん、今後もösterreichで歌ってくれませんか?
何てことも思ってしまう。
今まで盟友として、ライバルとして別のバンドをやっていたとは思えない綺麗なハマり方。



そして、もう一点注目すべきがギターを担当するは高橋國光だということ。
2013年にthe Cabsが解散して以来、その類稀なるギターの才能を世に出すことをしなかったのだが、この曲においてついに解禁。


(高橋國光のTwitterより)


上の発言にもあるように、本人としてもギターを弾くことに特別感を抱いている様子である。
実際に、österreichとして発表されてきた楽曲のほとんどがキーボードであったり打ち込みであったりと電子音であった。
ファンとしても待ち望んだギター解禁である。

約5年の時を経たギターのフレーズは、あの頃と変わらず不協和音を奏で、それでいて透き通るような美しさ。
理論立てされていないアルペジオは高橋國光が帰ってきたんだということを感じさせる。
本当に天才なんだと、もはや手癖でフレーズを考えているんじゃないかと。



この曲が公開されてから嬉しい事が多すぎて感情が忙しい。
さらには夢の共演、ギターの解禁というだけではなく、曲の完成度も素晴らしい。
the Cabsを彷彿とさせるバンドサウンド。

ドラムはPeople In The Boxの山口大吾が担当しており、この複雑な拍子の曲を綺麗であり、激しく叩いている。
どういう拍子なんだろうと自分で拍を数えてみようと思ったが、全然分からない。
博識な方、教えてください。

ベースは岩久保佳秀が演奏している。
誰なんだろうとGoogleで調べてみても出てこない。
残響レコードに所属するなら、名前で調べたら出るはずなのに…
と思っていたが、出てこないのも納得。
高橋國光の地元の友人らしい。
調べた時間返せ。
高橋國光が全幅の信頼を置き、このメンツの中でレコーディングに参加するということ自体で只者ではないであろう。
今後もクレジットに名が載るかもしれない。

コーラスは過去に「無能」、「贅沢な骨」でボーカルを務めた鎌野愛。
透き通った声のコーラスで楽曲の美麗さを際立たせている。
というか、この「楽園の君」のボーカルは誰だろうと予想していたのだが、第一候補は今まで楽曲を歌ってきていた鎌野愛であった。
結果としては大どんでん返しだったが、やはりösterreichには欠かせない存在であることは間違いない。



先行配信も同時に開始

そして、この「楽園の君」はMVの公開と同時に先行リリースも開始された。
Apple Music、Spotify他各社からサブスクリプション配信、ダウンロード販売となっている。
https://smar.lnk.to/Udl5_WN

CDの発売は2018年12月12日となっている。
なにか違和感を感じたこの発売日、漢数字で書く「十二」を少しいじると「王」になる。
東京喰種の主人公である金木研が「隻眼の王」であるということから、関連性を持たせた日にちでの発売である。
粋だね。
ちなみに金木研の誕生日は12月20日でこの漢数字も「王」となる。
そしてOPを担当するTK from 凛として時雨の「katharsis」は発売日が11月21日で、こちらも「王」と書く事ができる。
こういう遊び心も楽しいですね。



待ちに待ったösterreichの「楽園の君」はファンとして最高の展開となった。
cinema staffの飯田瑞規をボーカルに起用するというサプライズは、往年のファンからしたら涙なしでは聴けない。
なかなか表舞台に出て来ず、活動も活発ではないösterreichであるが、首を長くして待っていればまた新しい名曲に出会えるかもしれない。


音楽ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
( 2018/10/10 02:21 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)

今のうちに知っておいた方が良い、Cö shu Nie 

アニメの東京喰種で楽しみなのは、石田スイ先生がOPとEDでどんなバンドが抜擢するのか。
「TK from 凛として時雨」であったり、「amazarashi」だったりと、かなりの音楽通であることを匂わせるスイ先生。
元the Cabsである高橋國光のソロ名義「österreich」がこうして再び表舞台に出てきた奇跡の立役者。
(別記事 the Cabsはこちら、österreichはこちら。)
一生のお願いを使って1回でいいから、スイ先生と飲み交わしたい。
そして音楽と東京喰種の話を聴きたい。
あわよくばサインとか欲しい。


そんなバンド好きとしてはワクワクせざるを得ない、アニメ 東京喰種のOP&ED。
東京喰種:re第1期のOP担当が発表された時、全く知らないバンドが発表された。
それが「Cö shu Nie」である。

Cö shu Nie
「声の表情で魅せる切ない女性ボーカルと、繊細でカオスなバンドサウンド。
シーケンスで華やかに彩る独創的な世界観で、ロックもポップも越えて、軽やかに行進するバンド・Cö shu Nie(コシュニエ)。」(公式HPより)


調べてみると、当時全くの無名という訳ではなかった。
2011年、大阪にて結成。
活動期間も若手バンドの中ではベテランな部類である。
オーディションを1位で通過したり、入賞したりと確実に知名度を上げていた。
そんな中で東京喰種の大抜擢である。
そりゃもうSony Musicも付きますよ。
というかスイ先生はよく見つけてくるなと感心してしまう。


東京喰種:reのOPで使用された楽曲は「asphyxia」で、それこそ石田スイ御大と打ち合わせを行って制作されたとのこと。


asphyxia



圧倒的カオティックジャパニーズポップ。
変拍子に次ぐ変拍子、静寂と喧騒の入り乱れが素晴らしい。
楽器構成も基本的なギター、ベース、ドラムに加えてキーボード、マニピュレーションと音数の多さも楽曲の幅を広げている。
ボーカル中村未来の可愛らしくも切ない歌声が耳から離れない。

歌詞も東京喰種になぞらえた、強いて言うならば主人公である金木研が喰種と人間、2つの世界の狭間で踠き苦しみながら生きる心情を歌っているように感じる。
終盤の「笑える」という詞は、すべての元凶である神代リゼを彷彿とさせる。


OP担当として100点満点の楽曲を持ってきたCö shu Nie。
この曲だけに全力を注いだかと思えば、カップリングもバッチリ良曲。



最終列車





過去作はサブスクリプション配信されておらず(恐らく自主制作のため)、Amazonで購入が出来る。
このシングル以前はもっとポップ寄りで、また違った一面を聴くことが出来る。
そんなCö shu Nie、10/24にEP「Aurora」をリリースすることが決定している。
伴ってリリースツアーを東名阪ワンマンライブで開催する。
かなり強気な売り出し方。
それだけファン、レーベルの期待値が高いということなのだと思う。
近々来るであろうCö shu Nieのブレイクに乗り遅れないよう、今のうちからチェックしておくのはいかがだろうか。






音楽ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
( 2018/09/27 07:37 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)

坂本龍一の「energy flow」がリリースから20年の時を経てMV公開。 

日本が誇る作曲家である坂本龍一を知らぬ人はいないだろう。
「Merry Christmas Mr. Lawrence」を始めとし、数々の曲がメディアで使われ、耳にしている。
そう、自分が知っている坂本龍一は以上だ。


え?
名前は知ってるよ。
でも曲を深く聴いたことがない。
なんというか、高級料亭のような敷居の高さを感じていて手が出せずにいる。
聴けば、あぁーってなる曲は多いはずだ。
あとは矢野顕子の元夫、坂本美雨の父ってことくらい。



そんな坂本龍一ど素人の僕でも「energy flow」くらいは知っている。
1999年にリリースされたこの曲。
20代中盤以上の方なら一度は耳にしているはず。
というか、CMで流れまくってたから。
CMが話題となり、この曲が収録されたシングル「ウラBTTB」はミリオンセラー。
CM効果でCDのセールスに影響するなんて、いい時代でしたね。



そんな「energy flow」ですが、約20年の時を経てMVが公開されました。
ってか作られてなかったのかよという驚き。
今回「BTTB」の20周年を記念しての公開とのこと。



energy flow



元々暗い曲だが、それに合わせたモノクロの映像であったり、もの哀しげなシーンが非常にマッチしている。
この作品はNYを拠点とするクリエイター・チーム、Zakkubalanが制作したもの。
今回のMVのコメントとして坂本龍一は
「エナジーフローという曲は、映像をつけるのが実は難しい曲だ。
今回、Zakkubalanさんたちは苦労してよくやってくれたと思う。
うっすらと、故郷を離れ、また帰ってくるというようなストーリーが受け取れる。」
と述べている。
車で道路を走るシーンや、船から海や山の景色を見るシーンは旅路を連想されられる。
ただただ暗い作品という訳ではなく、これから先への希望も見て取れる前向きな作品だ。



こんなファンとも言えない男が何を綴っても説得力はないが、20年という年月に感銘を受けてしまった。
まだまだ敷居は高いと感じてしまっているが、この機会にでも超えないとならないと思う。
とはいえ坂本龍一作品の中で、もちろん好きな曲はある。
今回はそれを紹介して締めにしようとする。



The Other Side of Love



「featuring Sister M」とは、娘である坂本美雨をボーカリストとして迎えてリリースされたこの曲。
同時に坂本美雨のデビュー曲でもある。
触ると壊れてしまいそうな、そんな危うさとも言える繊細な旋律がとても美しい。
ドラマの主題歌としても起用されたので、知っている人も多いはず。
坂本美雨っていいですよね、なんか手の届きそうな可愛さが。
the HiatusのThe Afterglow Tourに参加してるのを見て一目惚れした、人妻だけど。


こんな坂本龍一ど素人の自分ですが聴いたことのある曲は多い。
名曲製造機である坂本龍一を知るいいきっかけだと思うので、普段聴かない音楽にも手を出してみるのも良いかと。





音楽ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
( 2018/09/23 23:44 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)

King Gnuが「Prayer X」のMVを公開、だが理解が出来なくて困っている。 

若手バンドの中でも頭2つ抜け、破竹の勢いで人気を獲得しているKing Gnu。
先日サブスクリプションで新曲の「Prayer X」がリリースされ、切ない曲調が心地よく、この曲は既に「King Gnuの新曲が再生した瞬間に最高だった。」という記事で取り上げています。


同じ曲の記事なのですが、今回はMVの方。
9/12の20時に公開されたMV、もう観ましたか?




僕の鳩並みである脳では解釈が出来ない。
困った。
ざっとしたあらすじとしては、


主人公であるピアニストがステージで公演しているが、それまでには周りから曲を書くことを強要されたり、同じ顔の宗教じみた信仰心のファンに絶望し、ピアノを弾くことを止め涙を流す。
1人のファンにナイフで心臓を刺されるが、刺された傷で死ぬ前に拳銃で自らの頭を撃ち抜く。



という流れ。
キャラクターの不気味さも合間ってかなりショッキングな内容だ。


このMV、自分なりの解釈としては現在の音楽シーン、強いて言えばメジャーシーンへのアンチテーゼだと思っている。


レーベルからは売れる曲を作ることを強いられ、やりたい音楽とはかけ離れていく。
確かにレーベルの言う通りにしたら人気が出てファンも大勢ついたが、誰の顔を見ても違いはなく同じに見え、ライブは盛り上がるというよりも崇拝しにファンは会場へ押しかける。
こんなのやりたかったことと違うと涙を流したくなる。
ファンの見ている方向と自分の進みたい道は真逆であるのに誰1人気付くことはなく、心無いファンの言動はアーティストの心を深く傷付ける。
そんなファンは言うだけ言って、やるだけやって素知らぬ顔をし、再び同じ聴衆の群れに戻りいつも通りの崇拝へ。
そんな音楽シーンに絶望したアーティストは音楽の道を諦めることとなる。



箇条書き風だけど、こうMVの内容を上記のように捉えるとかなり風刺の強い作品となっている。
確かに今の音楽界隈は歪み始めているんじゃないかなと感じる。
レーベルが作り出すバンドの方向性というのも、何か違和感を覚える。
最近は売れる音楽は多いが、心揺さぶられる音楽を耳にする機会が減ってきた。

また、SNSの普及もあり聴衆のメッセージは直接アーティストへ届きやすくなっている。
良い意見も届けば、無茶苦茶な暴言のような心痛むメッセージも同じように届くであろう。
ファンは大多数の匿名性を使ってリスクなしで相手を傷つけることが安易に出来るようになった。
ネットを通じているので実感が湧かないと思うが、アーティストも1人の人間である。
そのことを理解出来ていない人が多いのであろう。


なんだか文字で起こしていたらちょっと理解できた気がしてきた。
とは言え、上で述べたことは自分としての解釈であって、King Gnuが伝えたいメッセージとはまるで違うかもしれない。
ただただ不気味なMVを作りたかっただけかもしれないし、もしかしたら非常にハッピーな意図があるかもしれない。
もし、この作品が音楽シーンへのアンチテーゼとして作られていたとしたら、King Gnuは他のバンドとは一線を画す存在となることは間違いない。








Tokyo Rendez-Vous [ King Gnu ]

価格:1,800円
(2018/9/12 23:51時点)
感想(1件)





音楽ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
( 2018/09/12 23:25 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)

フラワーカンパニーズの「深夜高速」という名曲 

昔、職場で音楽好きの先輩が店内BGMでかけていたのですが、あまりにも気になった曲があったので聞いてみたら「えっ、フラカンの深夜高速知らないの!?」と言われた。
とにかく歌詞にインパクトがあり、熱い曲だった。
深夜高速という曲は2004年にフラワーカンパニーズがリリースした曲です。
実際はそれ以前からライブ会場限定でCDを手売りしていたのだが、関係者から「この売り方はもったいない」との意見が出て全国リリースに至った。
Wikipediaに載ってた情報ですが。
それだけ聴いた人を虜にする曲なんですが、フラワーカンパニーズのことはこの曲以外全然知らない。
変態要素のない綺麗な銀杏BOYZだと思ってる。
取り急ぎベストアルバムを聴きながらキーボード叩いて記事を書いている次第です。


今回はフラワーカンパニーズというより、深夜高速という曲について取り上げたいのですが、文字を読んでも分からないと思うのでまずは聴いてください。



深夜高速 (2009)



熱い。熱すぎる。
サビの「生きててよかった」というインパクトが非常に強い。
曲自体は泣きのバラードなのだが、ボーカル鈴木圭介の力強い歌が落ち込んでいる自分の背中を押してくれる。

先に光が見えないような人生を、深夜に車で高速道路を走っている状況になぞらえている。
大人になってバンド活動を続けてきたフラワーカンパニーズ、1989年のメンバーが20歳の頃に結成して活動しているが、苦労してきた期間は長かった。
それだけにこの歌詞のメッセージ性はリアリティがある。
だが、歌詞にもある
「目的地はないんだ 帰り道も忘れたよ」
の通り、進んでも進んでも目的地に着くことはないバンド活動をひたむきに続け、引き返すこともしないと歌ったフラワーカンパニーズは結成26年にして日本武道館でのライブを実現する。


サビの「生きててよかった」の連発も、ちょっとしつこいと思ってしまうがそれは胸の奥にしまい込んでくれ。
とにかくこの曲1番の盛り上がり所なんだから。
「生きててよかった」だけ聴いていると、すごく幸せそうだなと思ってしまう。
だが、それに続くのが「そんな夜を探している」と「そんな夜はどこだ」である。
そう、1日が終わって生きててよかったと思える夜を探している。
良い1日だったと思える夜はあるが、生きててよかったと思える夜なんて人生にそう多くはないだろう。
最後には「探している」「どこだ」という言葉はなくなり、「生きててよかった」のみのサビとなる。
これはとうとう生きててよかったと思える夜を見つけたとして捉えて良いのだと思う。
ちなみに、ライブでこのサビを歌う鈴木圭介の姿は見ものだ。
全身全霊を込めた全力の歌は何かを感じられずにいられない。


そんな歌詞は少しもの哀しげであり、それとは裏腹に力強い歌で大ヒットした深夜高速。
リリースから10年以上が経っているが、節目で再録されたものも発売されている。



深夜高速~25th Annivarsary Ver.~



フラワーカンパニーズ25周年バージョンとして曲のアレンジが加わっている。
ストリングスが入っており、オリジナルに比べるとバラード感が強くなっている。
MVもメンバーそれぞれが遺影を持ち過去のホームビデオの映像を使うことで、「生きててよかった」という歌詞を引き立たせています。
ちなみに1番最初に載せたMVは通称血糊バージョンというもので、ライブ中に鈴木圭介が怪我をして流血したものを再現したものです。
ホラーかよ。



また、この深夜高速だけを1枚にまとめた「深夜高速~フラカン結成25周年記念全曲集~」というものもiTunes限定で発売しています。


オリジナルと25周年バージョン、2009年に発売されたアルバムのバージョンにアコースティックバージョン、あとはライブ音源が2曲と、全6曲すべて深夜高速のみという狂気の沙汰。
もはや深夜高速商法とも言える。



そして13組のアーティストによって深夜高速のみをカバーしたトリビュートアルバム「深夜高速 -生きててよかったの集い-」もリリースされています。
1曲をフューチャーしてトリビュートアルバムを作るというのも珍しい試みである。
個人的に好きなのはGO!GO!7188のカバー。
女性ボーカルという新鮮さとGO!GO!7188らしいアレンジが加わってまた一味違う。


「深夜高速」という曲がどれほど偉大か分かってもらえたでしょうか。
この曲を知らないまま生きていくのは勿体無いと言い切れます。
時々無性に聴きたくなったりするんで。
イケメンバンドであったり、女々しい歌詞の曲、小綺麗な当たり障りのない曲であったりも良いですが、おじさんバンドの本気の歌にも耳を向けてみるのもいいのではないでしょうか。

深夜高速 [ フラワーカンパニーズ ]

価格:1,234円
(2018/9/12 03:04時点)
感想(0件)




フラカン入門 [ フラワーカンパニーズ ]

価格:2,880円
(2018/9/12 03:05時点)
感想(2件)




深夜高速 -生きててよかったの集いー [ (オムニバス) ]

価格:2,952円
(2018/9/12 03:05時点)
感想(2件)





音楽ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

( 2018/09/12 03:14 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

六兵衛

Author:六兵衛
音楽好きをこじらせてPA/音響やっています。
記事の内容は
・邦楽、洋楽の紹介/レビュー
・PAについての話
がメインです。

検索フォーム
QRコード
QR
ブログランキング


成長因子育毛剤