FC2ブログ

King Gnuのニューアルバム「Sympa」への期待が大き過ぎる 

正直、King Gnuにはこれからのバンド界隈を引っ張っていく存在になると思っている。
2017年にリリースされた1stアルバムからの躍進が凄まじく早い上に、出す作品はどれもオリジナリティに溢れ他の追随を許さない。
このブログでも常々話題に出していますが、一押し過ぎる。
過去記事→新曲を再生した瞬間から最高だったKing Gnu / おすすめ曲紹介
    →King Gnuが「Prayer X」のMVを公開、だが理解が出来なくて困っている。

本当あっという間にメジャーデビュー決まったよね、おめでたい。
駅で大声出して謝罪する動画(#本日の井口)めっちゃ面白かった。
そんなKing Gnuが2019年にリリースするアルバム「Sympa」のティザームービーが公開されて期待は膨らむばかり。



既にリリースされている「Flash!!!」、「Prayer X」にYouTubeで公開されている「It’s a small world 」、そして先行リリースされた「Slumberland」を含む全13曲。
この4曲だけでも飛び抜けた音楽センスなんですよね。




Flash!!!







Prayer X






It's a small world





Slumberland





『Sympa』
1. Sympa Ⅰ
2. Slumberland
3. Flash!!!
4. Sorrows
5. Sympa Ⅱ
6. Hitman
7. Don’t Stop the Clocks
8. It’s a small world
9. Sympa Ⅲ
10. Prayer X
11. Bedtown
12. The hole
13. Sympa Ⅳ

ティザームービーを見て判明したのが「SympaⅠ〜Ⅳ」が曲間に挟まれるインストということ。
宇宙飛行をイメージしたこの曲たちもセンスしか感じられない。
奇才・常田大希の作り出す世界観は他のどのジャンルにも当てはめ難い独特な楽曲であり、常田曰く「嫌われない声」の持ち主である井口理の感情を揺さぶるボーカルがKing Gnuの持ち味だと思っている。
あとはふざけさせたらかなり面白いということ。
これはTwitterで日々追いかけてもらえればと。







井口理のツイート通り、たった4分しかないティザームービーで想像を掻き立て期待を膨らませてしまった。
最近太ったよね?どうした?
まだ発売もされていないけど、このアルバムは傑作になる予感しかしていない。
それまではティザームービーを繰り返し聴いて、発売されるその日を待ちたいと思う。

( 2018/12/28 01:42 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)

待ってました!The Raconteurs(ザ・ラカンターズ)が約10年振りとなるダブルA面の新曲「Sunday Driver / Now That You're Gone」をリリース 

The Raconteursがニューアルバムを作成中という話を書いた記事を先日書きました。
もう活動はしないのかな…なんて思っていたらば入ってきた10年振りの活動再開報告。
過去記事→The Raconteurs(ザ・ラカンターズ)が約10年振りとなる新譜を発表するらしいので、今から復習して待ち構えておこう

そんな今か今かと待ち遠しいニューアルバムですが…
なんと先立って新曲を2曲リリース!

The Raconteurs


記事を書いた昨日の今日での発表に嬉しさを隠せない。
リリースに伴って2曲共にMVもYouTubeで公開された。
一気に活動しすぎじゃないですか?

さて10年という年月が経ち、The Raconteursがどのように変化するのか…
ファンを待たせるだけ待たせた新曲はいかほどのものなのか…




Sunday Driver




Now That You're Gone




聴いてもらえれば分かるであろう、変わっていないのだ。
10年前に発売された2ndアルバム「Consolers of the Lonely」から変化を感じさせない純度100%のThe Raconteursサウンド。
タイムスリップでもしたんじゃないかと疑ってしまいたくなる。
両曲ともにどこか懐かしさを感じさせるサウンド。
「Now That You're Gone」はMVを見た感じそのまま70年代辺りのモノクロ映画にマリリン・モンローを意識した女優を使ったオールディーな楽曲ですし。
新しいことなんて1つもしていないし、流行など全く無視してやりたいことをやっている。

昨今はアルバムを製作する毎に試行錯誤を繰り返し新しい挑戦をするアーティストが増えている。
アルバムによって全く色が違うなんてこともよくある。
そりゃ前作よりも良いものを作るため、貪欲な製作意欲を持ち合わせているからこその変化であると思う。

だがThe Raconteursはど直球に10年前と同じスタンスを貫いてきた。
いや、これすごいことじゃないですか?
10年変わらないスタイルって簡単に出来るものじゃないと思うんですよ。
新曲ということで色々な変化を期待していた自分としては良い意味で裏切られた。
と言うよりも安心した。
エレクトロニカが入ってきてたらもう一生The Raconteursは聴かないだろうし記事にも滅茶苦茶に汚い言葉使って批判していたんじゃないかな。




ニューアルバムのリリース日に関してはまだ明かされてはいないが、そのアナウンスも遠くはないであろう。
今回リリースされた2曲では改めてThe Raconteursのどこか懐かしいロックを十二分に堪能することが出来た。
まさかまた10年待たされることはないと思うが、ニューアルバムのリリースまで首を長くして待ちたいと思う。

( 2018/12/21 23:22 ) Category 洋楽 | TB(0) | CM(0)

MIYAVIとhideがコラボレーションする日が来るだなんて / 「Pink Spider (Remix) / MIYAVI vs hide」MV公開 

MIYAVIの対戦型コラボレーションアルバム「SAMURAI SESSIONS vol.3 – Worlds Collide -」がついにリリースされましたね。
誰とコラボするのか、どんなセッションが生まれるのか、そんなワクワクさせるアルバムもついに第3弾。
今作は国内アーティストだけに止まらず、海外のアーティストとの共作が軸に置かれていますね。
これもギター1つで世界を股に掛けるMIYAVIだからこそ出来ることだと。




そんな中で、気になる曲目が1つ。
「Pink Spider (Remix) / MIYAVI vs hide」

世界を股に掛けるとは言いましたが、いやいや天界もですか。
hideは言わずもがな、X JAPANのギタリストとしてデビューし、そのカリスマ性の高さからソロでの活動も非常に人気があったレジェンド。
残念ながら1998年に急逝、20年経った現在でもファンは多く、影響を受けたアーティストは数知れず。


まさかMIYAVIとhideのコラボレーションが実現するだなんて夢にも思っていなかった。
でもまぁ現代技術の進歩が成せる技ですよね。
PS2で発売された「鬼武者2」も故人である松田優作が主人公を務めていましたし。
声はそっくりさんを使ったという噂ですが。
声に違和感はなかったけど、演技が棒読みなのが違和感ありまくりでしたが。


そんな夢のコラボレーションを果たしたMVが公開されました。
1998年にリリースされたPink SpiderのMVにホログラムや視覚効果を用いて現代らしさを表現した、未来に繋がるMVとなっています。




コラボレーションという言葉を散々使ってきたが、実質はMIYAVIによるPink SpiderのRemixとなっている。
とはいえ、ギターを弾いているのはMIYAVI自身であり、MIYAVIらしいフレーズが満載。
元祖であるスラップ奏法は曲のイメージと合わなかったのか一切出てこないが、チョーキングとピッキングハーモニクスが効きに効きまくっている。
この点は、hideだったらこうするんじゃないか、というリスペクトがあるかもしれない。
原曲の雰囲気を壊さず、MIYAVIの味を上手く付けた曲となっている。




海外アーティストとヒップホップ色が強いSAMURAI SESSIONS vol.3から、嬉しいコラボレーションとなった今曲。
2人の並んだ姿を見ることが出来ないのが残念ではあるが、楽曲としてこのような形で共演する日が来ようとは。
ソロ活動初期の雅はちょっとヤバい奴という雰囲気を持っていたが、現代において日本を代表するギタリストでありアーティストであろう。
Pink Spiderだけではなく、SAMURAI SESSIONS vol.3には日本離れした楽曲が多々収録されているので、必聴アルバムである。
個人的にだが、Pink Spiderの次曲であるシシド・カフカの曲がめっちゃ好き。
というかシシド・カフカの声がめっちゃ良いっす。
それだけでも聴く価値ありですよ。(個人的に)


SAMURAI SESSIONS vol.3 - Worlds Collide - [ MIYAVI ]

価格:3,240円
(2018/12/16 01:17時点)
感想(0件)




SAMURAI SESSIONS vol.3 - Worlds Collide - (初回限定盤 CD+DVD) [ MIYAVI ]

価格:4,428円
(2018/12/16 01:18時点)
感想(1件)


( 2018/12/16 01:21 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)