FC2ブログ

King Gnuのボーカル井口理による悪ふざけ「#本日の井口」大全集 Part.2 

前パートはこちら
































































King Gnuのボーカル井口理による悪ふざけ「#本日の井口」大全集
Part.1
Part.3
Part.4
Part.5
Part.6
Part.7
Part.8


King Gnu過去記事
新曲を再生した瞬間から最高だったKing Gnu / おすすめ曲紹介
King Gnuが「Prayer X」のMVを公開、だが理解が出来なくて困っている。
King Gnuのニューアルバム「Sympa」への期待が大き過ぎる
King Gnuのニューアルバム「Sympa」 は2019年を代表するアルバムになることは間違いない
King Gnuの「白日」がMV公開されたけど、ミュージックステーションに出演していたバンドと本当に同じか?

Tokyo Rendez-Vous [ King Gnu ]

価格:1,800円
(2019/5/22 03:15時点)
感想(5件)




Sympa [ King Gnu ]

価格:2,899円
(2019/5/22 03:15時点)
感想(6件)


( 2019/05/22 02:38 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)

King Gnuのボーカル井口理による悪ふざけ「#本日の井口」大全集 Part.1 

今や日本中に旋風を巻き起こしているKing Gnu。
他のバンドと一線を画するロックともガレージとも言い難い独自の音楽センスであっという間に多くのファンを取り込んだ。
正直、今や日本で1番勢いに乗っているバンドであることは間違いない。
最強に格好良い。

そんなKing Gnuのボーカルを務め上げるのが、透き通るようなセクシーな声を持つ「井口理」である。
アップテンポな盛り上がる曲でも、しっとりとしたバラード曲でも、どんなジャンルであろうとも歌い上げる万能な声質の持ち主。
しかし1つ欠点をあげるのであれば、極度の変人ということだ。
時には発狂し、時には意味不明なシチュエーションで真面目に語り、時には変態的な言動を見せてくれる。
あんなに格好良い歌声を聴かせてくれる中の人は芸人顔負けのコメディアン。

King Gnuの公式Twitterやメンバーの個人アカウントには井口理の悪ふざけ動画が度々アップされる。
どれをとっても正気とは思えない映像がネットに放出されている。
Twitterのハッシュタグ「#本日の井口」が添えられるのを今か今かと待っているファンも少なくないであろう。

今回はその井口理による動画をまとめてみようと思う。
先に言っておくが、格好良いものはすべてカットさせていただいた。
改名前である「Srv.Vinci(サーヴァ・ヴィンチ)」時代のものも遡ってかき集めたので、若き井口理も堪能していただければと。






















































今回はここまで。
Twitterから根こそぎ探していたらその数80にも及んでしまったので、複数の記事に分けます。


King Gnuのボーカル井口理による悪ふざけ「#本日の井口」大全集
Part.2
Part.3
Part.4
Part.5
Part.6
Part.7
Part.8


King Gnu過去記事
新曲を再生した瞬間から最高だったKing Gnu / おすすめ曲紹介
King Gnuが「Prayer X」のMVを公開、だが理解が出来なくて困っている。
King Gnuのニューアルバム「Sympa」への期待が大き過ぎる
King Gnuのニューアルバム「Sympa」 は2019年を代表するアルバムになることは間違いない
King Gnuの「白日」がMV公開されたけど、ミュージックステーションに出演していたバンドと本当に同じか?

Tokyo Rendez-Vous [ King Gnu ]

価格:1,800円
(2019/5/22 03:15時点)
感想(5件)




Sympa [ King Gnu ]

価格:2,899円
(2019/5/22 03:15時点)
感想(6件)


( 2019/05/22 01:40 ) Category 邦楽 | TB(0) | CM(0)

Bring Me The Horizonらしくも、らしくないMV「mother tongue」を公開 

今までに数多くの猟奇的なMVを世に送り出してきたBring Me The Horizonであるが、2019年5月9日に公開された「mother tongue」のMVはこれまでのイメージを覆してきた。
6thアルバムに収録されているこの曲はBring Me The Horizonとしては異質なくらいラブソングで、アルバムを通して聴くと異様に耳に残る。
まだかまだかと待ち望んでいたけど、リリースから約4ヶ月経って念願のMV公開!



mother tongue



パッと見は男女の初々しい恋愛事情を描いているが、簡単に説明すると恋愛、宇宙、超能力、謎の液体、である。
何のことかさっぱり。
ラブソングをそのままラブシーンにしないのがBring Me The Horizonだ。
宇宙を共通の趣味とする男女が部屋で手を繋ごうすると、女性の超能力が発現。
ポルターガイスト現象のようにそこらじゅうの家具や装飾が宙を舞う中、謎のドロドロとした液体に包まれながらキスをする、というのが観たままの感想。
何のことかさっぱり。

ここからは個人的な解釈ですが、女性は地球外生命体・宇宙人なのではと。
そうであれば色々と辻褄が合う。
宇宙への興味も遠く離れた故郷の懐かしさであったり、人間には持ち得ない超能力も地球外生命体であれば使えるかもしれない。
突然発光するシーンも納得がいく。
そして赤くドロドロとした液体もその生命体の体液(恐らく興奮状態になると出る)であれば諸々の説明がつく。
エイリアンっぽさ、と言えばいいのだろうか。
男性の部屋に置いてあるテレビが全て砂嵐なのも、どこかそのような暗示をしているかもしれない。
そもそも曲名の「mother tongue=母国語」という意味が、国ではなく星を跨がっているのではと。

と、考えるととてつもないスケールの恋愛劇だ。
男女がキャッキャウフフしてるだけのしょうもないMVと一緒にじゃないよ。
Bring Me The Horizonらしくないラブソングにラブシーンでありながらも、Bring Me The Horizonらしいオカルトっぽさとほんの気持ち程度のグロテスク要素を混ぜ込んだ今までにない素晴らしいMV。
救急車で運ばれるオリヴァー・サイクスが腹を切り裂かれ内臓を化物の餌にされる「It Never Ends」と比べると、だいぶ人間としての理性が戻ってきたんだなと思う。

今回紹介した「mother tongue」が収録されているアルバム「amo」はオルタナティブ・ロックとして生まれ変わり、進化した良アルバムなので、是非一度聴いてもらいたい。



Bring Me The Horizon ブリングミーザホライズン / Amo 輸入盤 【CD】

価格:1,888円
(2019/5/10 01:23時点)
感想(0件)


( 2019/05/10 01:24 ) Category 洋楽 | TB(0) | CM(0)